お絵かきが楽しくなる(?)「Quick Draw!」

2017062201.png

私は絵心が全くありません。
お絵かきなんて苦手です。
でも、こんな楽しいサイトを見つけ、暇つぶしにお絵描きして遊んでいます( *´艸`)

「Quick, Draw!」は制限時間(20秒)内に絵を描いていき、コンピュータ(AI)がその絵を見て何かを答えてくれるというゲームです。

Quick Draw!」を開いたら「Let's Draw!」をクリックして始めます(*^^*)
お題が出てきます。

2017062209.jpgこのサンプルでは「Pig(豚)」の絵を描きます。
なんの絵を描くのか把握できたら「Got It!」をクリックして進みましょう。

お題は英単語で表示されますので、よくわからない単語は「Got It!」をクリックする前に検索して調べておきましょうね!
英語の勉強にもなりますね!( *´艸`)

2017062207.jpng描き始めるとAIが次々と何の絵か言い始めます。
同時に下部にも答えている単語が表示されます。

この状態でAIに「私(AI)にはポテトかパンかニコちゃんマークかドーナツに見えます」って言われてます(^^ゞ
「なんで豚やってわからへんねんっ!!」と独り言も多くなってます( *´艸`)

2017062208.pngようやく「ああ、わかったわ、豚ね」と答えてもらえました。

制限時間の20秒が過ぎるか、正解すると即座に次のお題になります。

2017062210.jpgすべてのお題が終了すると自分が描いた絵が表示されます。
ここでは6問中5問が正解!
上段右端の「camouflage」なんて、よくこれでわかったなぁ……と描いた本人が思うくらいの優秀さです( *´艸`)

それぞれの絵をクリックすると他の人が描いた同じお題の絵が見られます。

絵心の無さも大きいのですが、マウスで描いている分、より一層下手くそに見えます。
それでも正解してくれるのはすごいですね!

どうやらこれはプレイヤーがゲームで描いた絵を収集して分析して精度を上げているようです。
だから私のように下手な絵でも、データの一つになっているというわけです。

マウスで描くと難しいので……スマホやタブレットでやる方が正解率が上がるかしら??
今度スマホでやってみます!

みなさんも是非挑戦してみてね!

WEB上で画像編集ができる「Fotor」が簡単で楽しい♪「コラージュ」編

2017052201.jpg

以前紹介したことのある「Fotor」という画像編集ソフトですが、パソコンにインストールしなくてもWEB上でも無料で楽しめます。
WEB上(ブラウザ版)のFotorはソフトをインストールしなくてもよいので、インストールできない環境でもネットに繋ぐことができれば気軽に使用できますので、ちょっと画像を加工したい…というときにはとても便利です。

「Fotor」では、
●「画像編集」→サイズ変更やトリミング、たくさんのエフェクト、フレーム付け、スタンプ・文字入れなどができます。
●「コラージュ」→複数の画像を1枚にすることができます。
●「デザイン」→Twitter、Facebook、その他SNSのカバー画像も簡単に作れます。

今回は「コラージュ」について…。
コラージュとは複数の画像をレイアウトして1枚の画像にすることです。
「Fotor」トップ画面の「コラージュ」をクリックして始めます。

左側のガイドには「クラッシックコラージュ」「アーティスティックコラージュ」「ファンキーコラージュ」「フォトフレーム」などコラージュのパターンがたくさん用意されており、「クリップアート」「シェープ」を挿入したり、「追加するタイルの背景」で背景も簡単に変えられます。
2017052501.jpg

基本的な使い方の説明です。
①「クラッシックコラージュ」をクリックすると、②たくさんのコラージュパターンが表示されます。
2017052404.png←このマークがあるものは有料プランバージョンでないと全機能使えず、ロゴが入って「保存」アイコンからは保存できませんが、どんな感じになるのかはお試しで操作することはできます。)
③「画像をドラッグする」をクリックして、配置しようと思う画像をいくつか一覧表示させておきます。
2017052601.jpg

右側の画像一覧から配置したい画像をドラッグして任意の場所に表示させます。
2017052602.jpg

挿入したそれぞれの画像をクリックすると、「エフェクト」をかけたり、「削除」したり「「切り取り」で拡大や傾けたりすることができます。
2017052603.jpg

ドラッグするだけで、画像を増やすことも簡単にできます。
例えば…このサンプルでは、元々4枚しか挿入できないレイアウトでしたが、画像と画像の間の隙間に別の画像をドラッグして持ってくると、自動でレイアウト枠が作られ、5枚でも6枚でも好きな数だけ枠が作られます。
2017052701.jpg

フレームの形や幅、画像のコーナーを丸くすることもできます。
「確定」ボタンが表示されているときは「確定」ボタンをクリックしておかないと編集が確定しませんので要注意です。
(↑変更するとメイン画面で変更された状態になるので、ついつい「確定」をクリックし忘れて次の編集に行くことが私はよくやってしまうので……(^^ゞ)
2017052702.jpg
フレームの色を変更したいときは「カラーと編集」の欄の右端のアイコンをクリックします。

単色や、登録されている画像をフレームに使うことができます。
2017052703.jpg

» 続きを読む…

WEB上で画像編集ができる「Fotor」が簡単で楽しい♪「編集」編

2017052201.jpg

以前紹介したことのある「Fotor」という画像編集ソフトですが、パソコンにインストールしなくてもWEB上でも無料で楽しめます。
WEB上(ブラウザ版)のFotorはソフトをインストールしなくてもよいので、インストールできない環境でもネットに繋ぐことができれば気軽に使用できますので、ちょっと画像を加工したい…というときにはとても便利です。

「Fotor」では、
●「画像編集」→サイズ変更やトリミング、たくさんのエフェクト、フレーム付け、スタンプ・文字入れなどができます。
●「コラージュ」→複数の画像を1枚にすることができます。
●「デザイン」→Twitter、Facebook、その他SNSのカバー画像も簡単に作れます。

今回は「編集」について…。
「Fotor」トップ画面の「編集」をクリックして始めます。

左側のガイドには「基本調整」「効果」「ビューティ」「フレーム」「クリップアート」「テキスト」があり、それぞれクリックしたり調整バーをスライドするだけで簡単にお好みの画像に加工できます。
2017052203.jpg
緑色や茶色のリボンのついているものは無料バージョンではロゴが入り保存できませんが、無料バージョンだけで十分使えます♪
簡単に紹介しますね。

「開く」をクリックして編集したい画像を開きます。
2017052202.jpg

「ワンタッチ補正」だけでこんなに変わります。
2017052204.jpg

「切り取り」も予めプリセットで何種類もセットされていますので、サイズを選択して残したい範囲に動かすだけで簡単に切り取れます。
2017052301.jpg

「回転」は「時計回りの反対に90度回転」「時計回りに90度回転」「左右反転」「上下反転」もワンクリック。
またスライドバーを左右に動かすだけで、任意の度数に回転させられます。
↓25度に傾けてみました。
2017052302.jpg

「基本的な調整」では画像の「明るさ」「コントラスト」「彩度」「シャープネス」が変更できます。
↓彩度を落としてモノトーンに近くしてみました。
2017052304.jpg

「カラーレベル」「色調整」「色調補正」のサンプルです。
「リサイズ」は数値入力とパーセント入力のどちらでもできます。
リサイズのとき、縦横比を変えたくない場合は真ん中の鍵マークをクリックして入力します。
2017052306.jpg

以上の「基本調整」では、有料・無料関係なく、すべての機能を使うことができます。

» 続きを読む…

DELLのPCでファンクションキーとマルチメディアキーを入れ替え

2017044905.jpg
新しくパソコンを買いました。
毎回私はDELLのパソコンなのですが、DELLはファンクションキー(Fnキー)が初期状態ではマルチメディアキーになっており、音量を上げ下げ、モニター照度変更などができるキーに割り当てられています。

例えばひらがなで入力して「F7」キーを押すとカタカナに変換できますが、DELLのPCの初期状態ではそのような変換をするには「Fn」キーと「F7」キーを押さなければなりません。
使い勝手が非常に悪いので毎回パソコンを購入後、BIOS設定で「Fn」キーを押さなくてもファンクションキーが使えるように変更していました。

久しぶりに新しいパソコンを触るとそんなことすっかり忘れてて、ファンクションキーを押しても目的とする機能になってくれないっ!てイライラしてしまいました( *´艸`)

で、以前はBIOS設定を触っていたのですが、今はわざわざBIOSを触らなくてもファンクションキーとマルチメディアキーの入れ替えが簡単にできるようになっていましたので、メモ。

2017044902.jpgパソコン画面左下の「スタート」アイコンを右クリックして、「モビリティセンター」をクリックします

2017044902.jpg「Windowsモビリティセンター」の下部に「カスタマイズ:DELL Inc.」があります。
その中に「Fnキー動作」がありますのでそこで設定します。

2017042101.jpg「ファンクションキー」と「マルチメディアキー」が選択できますので、ファンクションキーを選びます。

ファンクションキーからマルチメディアキーに変更したいときも同様に簡単にできます。


もっと簡単には……「Fn」キーと「Esc」キーを押すとその都度ファンクションキー←→マルチメディアキーへと変換できるようです。
便利になりました♪

以上でFnキーの設定変更ができるので、上記方法で変更した場合は以下の設定は不要ですが、念のためBIOSでの設定変更方法も書いておきたいと思います。
BIOS画面に行ってみると、今まで見てきたBIOS画面とは違っててちょっと戸惑ってしまいましたので……(^_^;)

» 続きを読む…

Google 日本語入力 プチプチバージョン

2017040101.jpg検索にGoogleをお使いの皆様、今日のGoogle検索トップ画面にお気づきになりましたか?

「Google日本語入力プチプチバージョン」が新しくできたそうですよ( *´艸`)
個人的には数年前の「モールス信号入力」はお気に入りで、しばらく遊んでしまいました(*^^*)

今年はプチプチバージョン!
相変わらず斬新です!

2017040102.jpg 2017040103.jpg
イメージとしてはオルゴールのような感じ??

2017040104.jpg外出先でも使える(?)ハンディタイプなどもあるようです。

いつでも使えるように一つほしいところです( *´艸`)



2017040105.jpgほしいけど購入できない私は、商品紹介ページ下部のプチプチをクリックしてストレス発散です( *´艸`)


» 続きを読む…

ソースネクストの「瞬間テキスト」というソフトを買ってみた


ソースネクストの「瞬間テキスト」というソフトを購入してみました。

2017033003.gif

とのことで、私にとってはちょっと便利なシロモノ。
いえ、本音を言うと、ちょっと面白そうだったし、すごく安くなっていたので、興味本位で購入してみたのですが…( *´艸`)

さて……
どの程度の精度か確認してみましょう。

実は以前から私はこの手の(OCRの)精度はあんまり信用しておりません。

このブログでも紹介したことのある「Screenpresso」という画面キャプチャーソフトですが、これ最初はフリーバージョンで使っていたのですが、今はキーを購入してプロバージョンにして使っています。
そのオマケ機能(?)として「テキストのコピー(OCR)」機能が使えます。

ところが、元々外国のソフトでもあるせいか、OCR機能はかなりひどく全く使い物になりません。
2017033005.jpg
このブログの前記事の一部をScreenpressoで認識させてみると……こんな感じ…。
(クリックすると大きく見れます。)
う~ん……このレベルだと一から手入力する方が、いちいち訂正するより早いかも…(T_T)

↓こちらがソースネクストの「瞬間テキスト」で読み込ませたもの。
一部修正が必要ですが、かなり優秀♪
2017033006.jpg

ブラウザの文字を読み込ませる時、精度が悪い場合はブラウザを拡大して読み込ませてみると、精度が上がります。
(「Ctrl」キーと「+」キーで拡大されます。 元に戻す場合は「Ctrl」キーと「0(ゼロ)」キーで戻ります。
ブラウザの拡大縮小についてはこちらの記事を参考にしてください。)

これは私にとって買ってよかったソフトでした♪

複数のセルの文字列を1つのセルに結合(エクセル)

2016121901.jpg前記事では「1つのセルのデータを複数のセルに分割」しましたが、今回はその逆で「複数のセルの文字列を一つのセルに結合」する方法です。

複数のセルに入力されている文字列を結合するには「&」や関数「CONCATENATE」を使います。
2016121902.jpg「&」を使うととっても簡単にできます。

結合した結果を表示させたいセルをクリックして、セル中または数式バーに「=【結合したいセル1】&【結合したいセル2】」と入力するだけです。
このサンプルでは、「A2」セルと「B2」セルの文字列を結合したいので「=A2&B2」となります。
あとはこれをコピペすると他の行も結合されます。

2016121903.jpgセルの数が多くても大丈夫。
結合したいセルを「&」でつなげていくだけです。

このサンプルでは「C2」「D2」「E2」をくっつけたいので「=C2&D2&E2」となります。

2016121906.jpg上記の場合だと数字がくっついただけになりますが、文字列などを挿入することもできます。

このサンプル「○○○-☓☓☓-△△△△」のように、電話番号の間に「-(ハイフン)」を入れてみました。
数式バーに「=C2&"-"&D2&"-"&E2」と入力します。
=C2&"-"&D2&"-"&E2
青文字「C2」「D2」「E2」→セル
赤文字「"-"」→""の中に付加したい文字
それぞれを「&」で繋いでいきます。

2016121907.jpg「市外局番○○○(☓☓☓)△△△△」と表示させたいときは、数式バーに「="市外局番"&C2&"("&D2&")"&E2」と入力します。
="市外局番"&C2&"("&D2&")"&E2

» 続きを読む…

1つのセルのデータを複数のセルに分割(エクセル)

●「20161214」を「2016」「12」「14」に分割


2016121001.jpg例えば「20161214」などのように、一つのセルに入っているデータを「2016」「12」「14」など複数のセルに分割する方法です。

2016121002.jpg①分割したいセルを範囲選択します。
②「データ」タブ
    ↓
③「区切り位置」をクリックします。

2016121003.jpg「区切り位置指定ウィザード」が表示されますので、分割したいデータの形状により選択して進めていきます。

「20161214」などのようなデータの場合は「元データの形式」を「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

2016121004.jpg「切りたい場所」をクリックします。

「区切り位置」の削除や移動する場合は説明も書いてありますので一読してください。

2016121005.jpgここでは「年(2016)」と「月(12)」と「日(01,02……)」で区切りたいので、2箇所に「↑」が入っています。

「次へ」をクリックして進めます。

2016121006.jpg「表示先」の枠内で一度クリックしてから、区切ったデータを貼り付ける最初の位置をクリックします。
(表示先に「=$列番号$行番号」が入ります。)

「完了」をクリックすると

2016121007.jpgこのように1つのセルに入っていたデータが分割されました。



●「2016/12/14」(スラッシュなどで区切られている)を「2016」「12」「14」に分割


2016121008.jpg続いて「2016/12/14」などのように「/(スラッシュ)などが入っている場合です。

上記と同様に割したいセルを範囲選択します。
「データ」タブ→「区切り位置」で、
「元データの形式」を「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

» 続きを読む…

エクセル:セルの中の不要な文字を置換(削除)する【SUBSTITUTE関数】

●セルの中の不要な文字を削除する【SUBSTITUTE関数】
「SUBSTITUTE関数」は文字列中の指定された文字列を他の文字列に置き換えます。
ここでは特定の文字を削除してしまいたいので、「特定の文字を空白に置き換える」と考えると削除したことと同じになります。

2016112401.jpg

↑「B欄」①の「●いろは」という文字だけを置換(削除)したい場合

2016112402.jpg列を挿入します。
(ここでは「C列」に挿入しました。)

2016112403.jpg①削除後の文字列を入力するセルをクリックします。

②数式バーの「fx(関数の挿入)」をクリックします。

「関数名」一覧に「SUBSTITUTE」が表示されていない場合は③「関数の分類」欄を「すべて表示」にします。

④「SUBSTITUTE」を選択して ⑤「OK」をクリックします。

2016112404.jpg「関数の因数」ダイアログが表示されます。

①「文字列」→置換したい文字列が入っている元のセル(ここではB2)をクリックします。

②「検索文字列」→置換したい文字列を入力します。

③「置換文字列」→置換後の文字列を入力します。ここでは「空白」に置換するので「""」となります。

※「置換対象」欄は同じ文字列が複数ある場合に、何番目の文字列を置き換えるかを指定します。(後述)
空欄の場合は①の「文字列欄」内に複数同じものがある場合全て置き換えるので、全て置換の場合は省略(空欄のまま)します。

2016112405.jpgこれで、このように不要な文字列がなくなりました。


↑「B欄」①の「●いろは」と②の「(ABC加工)」いう2つの文字列を置換(削除)したい場合
2016112406.jpg

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(B2,"●いろは",""),"(ABC加工)","")

と記入します。

» 続きを読む…

PDFファイルのパスワードを解除

年末調整の時期になってきましたね!
会社にも年末調整用の書類が送られてきていました。
その中には「扶養控除等( 異動) 申告書」など、従業員に記入してもらわなければならない書類も入っています。
年末調整の書類は社会保険労務士さんにお願いしているので、それらの書類も入ったまま、ついうっかり社労士さんに預けてしまいました。
戻してもらって1枚1枚会社名や住所のスタンプを押してもいいのですけど、この作業も結構面倒くさいです……(T_T)
それならいっそ、国税庁のページからそれらの必要書類をダウンロードしてきて、会社名と住所を書き込んで印刷すれば楽ちんでは?と思い、それらの書類のPDFファイルをダウンロードしてきました。

2016111001.jpgそのPDFファイルに「注釈」を使って文字を入力しようとしてもできません。
プロパティを見てみると、パスワードセキュリティがかけてあって「許可しない」ばかりです(T_T)

はい…、いつものごとく前置きが長くなりましたm(__)m
今回はパスワードセキュリティがかけられているPDFファイルのパスワード解除の方法です。

2016111003.jpgiLovePDF」のサイトへ行き、下の方に「PDFの解除」というのがありますのでクリックします。

このサイト、PDFに関するいろんなことができますのでオススメです!

2016111004.jpg「PDFファイルを選択」をクリックしてファイルを選ぶか、このページにファイルをドロップします。

2016111006.jpgPDFのサムネイルと下の方に「PDFの解除」が表示されますので、「PDFの解除」をクリックします。

2016111008.jpg解除されると勝手に「開く・保存」画面が表示されますので、そのまま「開く」か「保存」するを選択してください。

もしもこの「開く・保存」画面が出ませんでしたら、「解除したPDFをダウンロード」をクリックしてダウンロードしてください。

2016111009.jpg全部ではありませんが、「許可しない」だったものも「許可する」になりました。

これで「注釈」を使って文字を入力できます。

ついでにAdobe Acrobat Readerの注釈を使って文字を入力する方法も書いておきます。

» 続きを読む…

プロフィール

れん

管理人:れん
写真は下手の横好き。
そのせいか、画像編集ソフトで写真を弄ぶのも大好き♪
思いついたことを気の向くままに書いています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
お気に入り
リンクしてね♪
トラックバック
記事について
フリーソフト・WEBアプリなどの紹介記事は紹介した時点のものです。
バージョンアップ、その他で使用方法などが変更されている場合があります。
また,紹介時点ではフリーだったものが有料になっているものもあります。
記事には日付が表示されていますのでご確認ください。
あまり古い記事は参考にならない場合も多いと思います……(T_T)
ブログ管理MENU
いらっしゃいませ~
検索フォーム
メールはこちら
こちらのメールフォームもご利用ください。
アイコンをクリックするとメールフォームが開きます。
返信の必要な場合には必ずメールアドレスをご記入下さい。
メールはこちら
月間アクセスの多い記事 
月間リンク元ランキング
スポンサードリンク
おすすめ
・楽天市場
・eBOOKOFF
・FUJICOLORプリントおとどけ便
・インターネットで「デジカメプリント」
・ジャパネットたかた
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・OLYMPAS ONLINE SHOP
・Yahoo!ショッピング
・トーカ堂
・上海問屋


楽天トラベル株式会社

デル株式会社

ホームセンターのコメリドットコム

プレミアム バンダイ

FLAG COUNTER
Free counters!
このページのトップへ