Excel 決まったセルだけに移動させたい

2017081706.jpgExcel表中に入力していくとき、Enterで次のセルに移動してくと、表の端に来たときマウスを使って次の行や列に移動させていませんか?

このサンプルではEnterキーで横移動するように設定している場合、「5(セルE1)」に入力したあと「6(セルA2)」に移動したいのですが
Enterキーを押すとそのまま右横の「セルF1」に移動してしまいます。
なので、マウスで「6(セルA2)」をクリックしてからまた続きを……という感じになります。

面倒くさいですよね(^^ゞ
Enterだけで1→2→(中略)→5→6……と移動してほしいものです。

2017081705.jpgそんな時よく使うのが、入力するセルを範囲選択しておいてから入力する方法。
これだと「5」のあとEnterキーで「6」のセルに移動してくれます。

ところがこれも(私にとっては)物足りません。
なぜならよく入力ミスをするから………(T_T)

打ち間違えて訂正するため、別のセルをクリックし直すと選択範囲が解除されるため、結局再度選択範囲を設定し直す羽目になり、余計手間がかかったりしています…(T_T)

選択範囲を設定せずに「5」セルのあとEnterで「6」に改行する方法があれば理想です。

今回は範囲選択をしなくても勝手に改行されて次の入力したいセルに移動させる方法です。

前回紹介した「「エクセル 特定のセルや範囲にロックをかける」エクセル 特定のセルや範囲にロックをかける」方法が使えます。

2017081707.jpgまず、入力したいセルの範囲選択をします。

飛び飛びのセルに入力したいときは「Ctrl」キーを押しながらそれぞれをクリックしていくと特定のセルが選択されていきます。

とにかく入力したいセルを選択します。

右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

2017081708.jpg「セルの書式設定」画面で「保護」タブをクリック→「ロック」のチェックを外します

→「OK」をクリックして画面を閉じます。

2017081709.jpg「Sheet」タブを右クリックして「シートの保護」をクリックします。

2017081710.jpg「シートの保護」ダイアログボックスが出ます。

上の2つにチェックが入っていると思いますので、上(「ロックされたセル範囲の選択」)のチェックを外し、下の「ロックされていないセル範囲の選択」にチェックが入っている状態にします。

「OK」をクリックして閉じます。

入力場所や書式を修正したいときは「シート保護の解除」をクリックすると、元通りに全セルに編集ができるようになります。
ここでは、表の入力を便利にやりたかっただけですので、入力が終わったら「シート保護の解除」をしておくといいかもです。
(どれでもどうにでも編集できる状態に戻します。)


» 続きを読む…

エクセル 特定のセルや範囲にロックをかける

自分に使い勝手のいい表がエクセルで作れたぞ♪
と思っても、その表を使いまわして入力を他の人にお願いしたら、いつの間にやら表計算できなくなってたりして、その修復にまた手間を掛けることもしばしば……(T_T)

そんなときは、入力したり数式を編集できないようにセルにロックをかけてしまいましょう。

2017072604.jpgエクセルを新規で開いて確認してみると、初期値では全てのセルが「ロック」されている状態です。
ただし、「ワークシートを保護しなければ、セルをロックまたは数式をj非表示にした効果は得られません(ワークシートを保護するには、[校閲]ダブの[変更]グループにある[シートの保護]をクリックしてください)」と書いてあります。
つまり…すでにロックはかけられている状態ですが、「シートの保護」を設定しないとロックは機能しないということです。

初期値のまま「シートの保護」を設定すると全てのセルが「ロック」されてしまいます。
ですので、編集しても良いセル(ロックしないセル)の「ロック」を外さなければなりません。
「ロックを掛けるのにまずロックを外す??」……と、一見とってもややこしいのですが、もう一度整理しておくと、

・初期値ではセルにロックがかかっています。
・そのセルのロックを有効にするには「シートの保護」をクリックしなければなりません。
・初期値のまま「シートの保護」をクリックすると、全てのセルにロックがかかってしまい、一切編集できなくなります。
・なので編集したいセルは先にロックを外しておいたあと、「シートの保護」をクリックします。
・そうすると、編集したいセルにはロックがかからず、保護されない。

というわけです。

2017072608.jpgセル「A1~A5」「C1~C5」「E1~E5」を編集できないようにしてみます。

編集しても良いセル(上記以外のセル)を選択します。

②「ホーム」タブ→「セル」グループの「書式」をクリック→「セルのロック」をクリックします。
(アイコンの状態がイマイチよくわからない場合は次の画像を参考にしてください。
もしくは、もう一つ下の方法でロックを解除してください。
↑こちらの方が状態がよくわかります。)

2017072605.jpg「セルのロック」のアイコンの状態ですが、←青枠の上の状態が初期値でロックがかかっています。
下の状態がロックが解除された状態です。
編集しても良いセルのロックが下のアイコンのようになっていれば解除されています。

2017072609.jpgもしくはこちらの方法でもロックを解除できます。
(こちらの方が状態がよく分かるのでおすすめです。)

編集しても良いセルを選択した後、右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」画面で「保護」タブ→「ロック」のチェックを外します。

2017072610.jpg最後に「シートの保護」をかけます。

「Sheet」タブを右クリック→「シートの保護」をクリックします。

または、「校閲」タブ→「変更」グループの「シートの保護」をクリックします。

2017072703.jpg①パスワードを入力しておくと、パスワードを知っている者しかシートの保護を解除できません。
②にチェックが入っていることを確認しておいてください。
③必要に応じて、ロックをかけた状態でもできるようにする「許可する操作」にチェックを入れてください。
「OK」で完了です。

2017072612.jpg編集ロックしたセルを編集する場合は、「Sheet」タブを右クリック→「ヒートの保護の解除」で通常通りの編集ができるようになります。
パスワードを入力していた場合には、解除するにはパスワードが必要となります。
パスワードを入れた場合は忘れると解除できなくなりますのでご注意ください。


» 続きを読む…

複数のセルの文字列を1つのセルに結合(エクセル)

2016121901.jpg前記事では「1つのセルのデータを複数のセルに分割」しましたが、今回はその逆で「複数のセルの文字列を一つのセルに結合」する方法です。

複数のセルに入力されている文字列を結合するには「&」や関数「CONCATENATE」を使います。
2016121902.jpg「&」を使うととっても簡単にできます。

結合した結果を表示させたいセルをクリックして、セル中または数式バーに「=【結合したいセル1】&【結合したいセル2】」と入力するだけです。
このサンプルでは、「A2」セルと「B2」セルの文字列を結合したいので「=A2&B2」となります。
あとはこれをコピペすると他の行も結合されます。

2016121903.jpgセルの数が多くても大丈夫。
結合したいセルを「&」でつなげていくだけです。

このサンプルでは「C2」「D2」「E2」をくっつけたいので「=C2&D2&E2」となります。

2016121906.jpg上記の場合だと数字がくっついただけになりますが、文字列などを挿入することもできます。

このサンプル「○○○-☓☓☓-△△△△」のように、電話番号の間に「-(ハイフン)」を入れてみました。
数式バーに「=C2&"-"&D2&"-"&E2」と入力します。
=C2&"-"&D2&"-"&E2
青文字「C2」「D2」「E2」→セル
赤文字「"-"」→""の中に付加したい文字
それぞれを「&」で繋いでいきます。

2016121907.jpg「市外局番○○○(☓☓☓)△△△△」と表示させたいときは、数式バーに「="市外局番"&C2&"("&D2&")"&E2」と入力します。
="市外局番"&C2&"("&D2&")"&E2

» 続きを読む…

1つのセルのデータを複数のセルに分割(エクセル)

●「20161214」を「2016」「12」「14」に分割


2016121001.jpg例えば「20161214」などのように、一つのセルに入っているデータを「2016」「12」「14」など複数のセルに分割する方法です。

2016121002.jpg①分割したいセルを範囲選択します。
②「データ」タブ
    ↓
③「区切り位置」をクリックします。

2016121003.jpg「区切り位置指定ウィザード」が表示されますので、分割したいデータの形状により選択して進めていきます。

「20161214」などのようなデータの場合は「元データの形式」を「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

2016121004.jpg「切りたい場所」をクリックします。

「区切り位置」の削除や移動する場合は説明も書いてありますので一読してください。

2016121005.jpgここでは「年(2016)」と「月(12)」と「日(01,02……)」で区切りたいので、2箇所に「↑」が入っています。

「次へ」をクリックして進めます。

2016121006.jpg「表示先」の枠内で一度クリックしてから、区切ったデータを貼り付ける最初の位置をクリックします。
(表示先に「=$列番号$行番号」が入ります。)

「完了」をクリックすると

2016121007.jpgこのように1つのセルに入っていたデータが分割されました。



●「2016/12/14」(スラッシュなどで区切られている)を「2016」「12」「14」に分割


2016121008.jpg続いて「2016/12/14」などのように「/(スラッシュ)などが入っている場合です。

上記と同様に割したいセルを範囲選択します。
「データ」タブ→「区切り位置」で、
「元データの形式」を「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

» 続きを読む…

エクセル:セルの中の不要な文字を置換(削除)する【SUBSTITUTE関数】

●セルの中の不要な文字を削除する【SUBSTITUTE関数】
「SUBSTITUTE関数」は文字列中の指定された文字列を他の文字列に置き換えます。
ここでは特定の文字を削除してしまいたいので、「特定の文字を空白に置き換える」と考えると削除したことと同じになります。

2016112401.jpg

↑「B欄」①の「●いろは」という文字だけを置換(削除)したい場合

2016112402.jpg列を挿入します。
(ここでは「C列」に挿入しました。)

2016112403.jpg①削除後の文字列を入力するセルをクリックします。

②数式バーの「fx(関数の挿入)」をクリックします。

「関数名」一覧に「SUBSTITUTE」が表示されていない場合は③「関数の分類」欄を「すべて表示」にします。

④「SUBSTITUTE」を選択して ⑤「OK」をクリックします。

2016112404.jpg「関数の因数」ダイアログが表示されます。

①「文字列」→置換したい文字列が入っている元のセル(ここではB2)をクリックします。

②「検索文字列」→置換したい文字列を入力します。

③「置換文字列」→置換後の文字列を入力します。ここでは「空白」に置換するので「""」となります。

※「置換対象」欄は同じ文字列が複数ある場合に、何番目の文字列を置き換えるかを指定します。(後述)
空欄の場合は①の「文字列欄」内に複数同じものがある場合全て置き換えるので、全て置換の場合は省略(空欄のまま)します。

2016112405.jpgこれで、このように不要な文字列がなくなりました。


↑「B欄」①の「●いろは」と②の「(ABC加工)」いう2つの文字列を置換(削除)したい場合
2016112406.jpg

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(B2,"●いろは",""),"(ABC加工)","")

と記入します。

» 続きを読む…

エクセル:表の見出しをすべてのページに印刷

2016090901.jpgエクセルで一覧表を印刷した場合、1ページ目には項目名が印刷されますが、2ページ目以降は項目名が印刷されず、見づらい状態になります。

すべての印刷ページに項目名なども入れたい場合は、「ページレイアウト」で設定することができます。

2016090902.jpg「ページレイアウト」タブの「印刷タイトル」をクリックします。

2016090903.jpg「シート」タブが開きますので、「印刷タイトル」の欄(ここでは「タイトル行」)の右端のアイコン2016090905.jpgをクリックします。

2016090904.jpgシート上のタイトルにしたい行をクリックすると、指定した行は点線で囲まれ、「行のタイトル」入力欄には選択した行番号が表示されます。

右端のアイコン2016090905.jpgをクリックし、元の「ページ設定」画面に戻ります。

2016090906.jpg「タイトル行」に選択した行が入力されていることを確認して、「OK」をクリックします。

2016090907.jpgこれは印刷プレビュー画面ですが、2ページ目にも項目名が印刷されるようになりました。

複数行や、列、または行列両方など、印刷の際、全ページに印刷したい項目を設定できます。

エクセルでシートを別のブックに移動(コピー)

エクセルでシートを別のエクセルファイルのブックに移動したりコピーしたりする方法です。
例えば、「1」と「2」というエクセルファイルがあり、「2」のファイルのシートを「1」にコピー(または移動)する場合の説明です。
簡単なものであればシートをコピーして貼り付けるだけでも可能ですが、行や列の大きさが違っている場合その通りに貼り付けられず手間がかかります。

2016090702.jpgコピー(移動)元・コピー(移動)先のファイルの両方を開きます。
どちらのファイルでも良いので、「表示」タブ→「整列」→「上下に並べて表示」または「左右に並べて表示」にチェック→「OK」をクリックし、画面に両方を並べます。

(「整列」させなくても、コピー(移動)元・コピー(移動)先のファイルが同時に開いていればできますが、ここでは「整列」させたほうがわかりやすいため、「整列」を使用しました。)

2016090701.jpg移動方法
移動させたいファイルのシートのタブをクリックして、そのまま移動先のファイルにドラッグします。
2016090703.jpg ←アイコンはこのようになります。
コピー方法
「Ctrl」キーを押したまま、コピーしたいファイルのタブをクリックして、そのままコピー先のファイルにドラッグします。
  2016090704.jpg ←アイコンはこのようになります。

2016090705.jpg以上の手順で別ファイルのシートをコピー(移動)することができました。


エクセル 上書き保存の時にバックアップファイルを自動的に作成する

私がよくやるEXCELの失敗……毎月の集計に使っているエクセルファイル…
前月に使ったものを開いて、今月のデータを入力して「名前をつけて保存」するつもりを、ついうっかりと「上書き保存」してしまい、前月のデータを見ようと開いてみると……あららら……(T_T)

その場で気がついたなら(入力回数が少なければ)「元に戻す」を繰り返すことで元に戻して再度保存…ということもできるのでしょうが、入力回数が多かった場合や、無意識にやってしまっているので気が付かず上書き保存してしまったにもかかわらず、別途「名前をつけて保存」したファイルまで作ってしまい、後日それに気がついた場合なんて復元不可ですからね。

ショックですよ…そうなってしまったあとのファイルを開いた時の喪失感…ときたら………。
また前月のデータを拾って作り直して保存……という、とっても二度手間なことをやったりなんかしております……(T_T)

こういうことを回避するために「バックアップファイルを作成する」という機能があります。

» 続きを読む…

エクセル2016のファイルにパスワードをかけて保存

エクセルファイルにパスワードをかける方法です。
パスワードがわからないとファイルを開くことができなくなります。

2016080301.jpg「名前をつけて保存」をクリック
ファイル名を入力します
「その他のオプション」をクリック

2016080302.jpg保存の詳細画面が出てきます。
「ツール」をクリック
出てきた選択肢から「全般オプション」をクリック

2016080303.jpg「全般オプション」の詳細が出てきます。
「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」にパスワードを入力します。
「OK」をクリック。

※「読み取りパスワード」→ファイルを開くときに必要です。
 「書き込みパスワード」→ファイルを上書き保存するときに必要です。

「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」の両方にパスワードを入力すると、ファイルを開くときも上書き保存するときもパスワードが必要になります。

「読み取りパスワード」の方にだけパスワードを入力すると、ファイルを開くときだけにパスワードを尋ねられ、上書き保存はパスワード無しでできます。

「書き込みパスワード」の方にだけパスワードを入力すると、ファイルを開くときに(書き込み)パスワードを尋ねられますが、パスワードを入力しなくても「読み取り専用」をクリックするとファイルを開くことはできます。
ただし、「読み取り専用」で開いた場合は上書き保存はできません。
(別ファイルとして「名前をつけて保存」はできます。)

2016080304.jpg「パスワードの確認」に入力したパスワードを再度入れます。
「読み取り」「書き込み」両方にパスワードを入力した場合は、確認画面が2回出てきますので、それぞれのパスワードを再入力します。

「OK」をクリック

2016080306.jpg「保存」画面に戻るので「保存」をクリックして完了です。


パスワードを変更したり、削除する場合は同様の手順でパスワードの設定画面を出し、変更するパスワードを入力しなおします。
削除する場合はパスワード欄を空白にします。

エクセルで計算式を入力するとき「=」の代わりに「+」で

2016080204.jpgエクセルで計算式を入力する場合、まず「=」を入力してから数式を入れますよね。

ところが…この「=」の入力が面倒くさいんです( *´艸`)

2016080201.jpg最近はノートパソコンもキーボードにテンキーが付いている場合がほとんどです。
でも、テンキーに「=」はついてないんですよね。
(付いているノートPCもあるのかしら? 私はお目にかかったことがないですが…。)

「=」を入力しようと思ったら「Shift」キーと「ほ」キーを一緒に押さないと「=」になりません。
つまり…「=」の入力には2アクション必要なんですね。
「+」キーはテンキーについていますので1アクションです。

2016080205.jpgでも、「=」の代わりに「+」で代用してもちゃんと計算できるのです。

例えば…「=1+2+3」と入力したい場合、「+1+2+3」で計算されるのです。
「=2*5」の場合も「+2*5」でOK、「=20/5」の場合でも「+20/5」でOK。

「=」の代わりに「+」を使うと作業がはかどりますよ。

2016080202.jpg別売の(?)テンキーだと「=」が付いているものもあるんですけどね……。

ちなみに←画像のテンキーは計算機にもなり、USBハブもついていてとっても便利なテンキーでした。
今はパソコンキーにテンキーが付いているので使っていませんが…(^.^;


プロフィール

れん

管理人:れん
写真は下手の横好き。
そのせいか、画像編集ソフトで写真を弄ぶのも大好き♪
思いついたことを気の向くままに書いています。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
お気に入り
リンクしてね♪
トラックバック
記事について
フリーソフト・WEBアプリなどの紹介記事は紹介した時点のものです。
バージョンアップ、その他で使用方法などが変更されている場合があります。
また,紹介時点ではフリーだったものが有料になっているものもあります。
記事には日付が表示されていますのでご確認ください。
あまり古い記事は参考にならない場合も多いと思います……(T_T)
ブログ管理MENU
いらっしゃいませ~
検索フォーム
メールはこちら
こちらのメールフォームもご利用ください。
アイコンをクリックするとメールフォームが開きます。
返信の必要な場合には必ずメールアドレスをご記入下さい。
メールはこちら
月間アクセスの多い記事 
月間リンク元ランキング
スポンサードリンク
おすすめ
・楽天市場
・eBOOKOFF
・FUJICOLORプリントおとどけ便
・インターネットで「デジカメプリント」
・ジャパネットたかた
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・OLYMPAS ONLINE SHOP
・Yahoo!ショッピング
・トーカ堂
・上海問屋


楽天トラベル株式会社

デル株式会社

HP Directplus オンラインストア

ホームセンターのコメリドットコム

プレミアム バンダイ

FLAG COUNTER
Free counters!
このページのトップへ