Firefox 設定メモ

いつも使っているパソコンが起動しなくなりました。
きっかけはWindows10に入っている「フォト」が使えなくなったこと。
いつもこれで画像を表示させていたのですが、いつの間にか「フォト」が立ち上がるとすぐに落ちてしまい使えなくなってしまいました。

Windows7時代に使っていた「Photo Gallery」も入れていたので、そちらで見れるからまぁ「フォト」を無視してもよかったのですが……。
でも入っているのに使えないのは嫌なので元に戻そうといろいろ試しましたが、何をやっても使えません。
なので、使えてたときに「復元」してみようとやってみたのが運の尽き……。

「復元」はできず、スタート時にブルースクリーンになり、「スタートアップ修復」やその他いろいろとやってみたけど、立ち上がることはありませんでした……(T_T)
最近の写真や細々バックアップが取れていなかったのものもあり、まずデータを救出しなければなりません。

とりあえず緊急時のために「Ubuntu」のLiveCDを作っていたので、Windowsが起動しないパソコンをUbuntuで起動。
そしてデータをせっせと外付けHDDに保存。

これで初期化の準備OK!
と、初期化したのはいいのですが、バックアップを取ったHDDが「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」と表示され、中身が見れません……(T_T)
これはWindowsが起動しなくなったことよりももっとショックでした……😱

なんとか復旧できたので、これは別の機会に(記憶している間に)記事としてメモっておこうと思っています。

今回はFirefoxのプロファイルなどがバックアップを取ったHDDの復旧時に復元できておらず、一からの設定となってしまいましたので、次回Firefoxを入れ直したときなどのために、自分の使いやすい「about:config」の環境をメモしておきます。

生わかめをもらったので塩蔵わかめにしてみた


先日、実家から採れたてわかめをもらいました。
私はわかめが大好きで、よくサラダにして食べています。
なので、JAで売っている「鳴門わかめ」を買っていました。
この「鳴門わかめ」も塩蔵なのですが、日持ちもするし、水で戻すと食感もよく、私は乾燥わかめより好きです。

私の母は採れたてわかめを乾燥わかめにして保存する…と言っていたので、ならば私は塩蔵ワカメで保存しようと思いました。

一番手間なのが、わかめの茎と葉(?)の部分を分けること。
キッチンばさみでカットしていくのですが、ヌルヌルしてるし、私にとってこれが一番の難関となりました。

2019030702.jpg
この写真は茎の部分。
これはこれで炊いたら美味しいのよね♪
一番上の写真が葉(?)の部分に分けたものです。
塩蔵ワカメにするのは葉(?)の部分です。

2019030703.jpg
生わかめ…って茶色くってなんだかわかめじゃないみたいな色をしています。
が!
沸騰したお湯に生わかめをくぐらせます。
すると、一瞬で鮮やかな緑色に変化します。

緑色に変わったら、冷水で冷やしてあげましょう。

2019030704.jpg
このまま食べたくなります!

2019030705.jpg
塩をたっぷりとなじませ、蓋をして重しを置き、わかめの水分を排出していきます。
私はお皿を裏返しにしてかぶせ、その上にまたお皿をおいて、その上にまな板を置いて、その上に水を入れたやかんを置いて……という感じで重しにしました。

私はついつい現状を見たくなって、度々重しをのけてわかめの状態を何度も何度も見てしまいました( *´艸`)
その都度出てきた水分を捨て、更に塩を振り、よくなじませてまた重しをします。

2019030801.jpg
水分が出なくなり、わかめの質感もゴムみたいな感じ(?)で弾力が出てきたら完成です♪

最後にもう一度塩を振って、小分けにして密封して保存しました。
ボールいっぱいあったわかめが、こんな量に……。
2019030806.jpg

使うときは洗って塩分をよく洗い流し、しばらく水に浸けて戻します。
結構増えるので、戻す量に要注意です!

デュアルブートしてやめようと思ったらブートローダが残ったので削除方法 自分用メモ

約10年前にUBUNTUをUSBに入れて、そこから起動させて楽しんで(?)いたことがあります。
普段Windowsに慣れてしまっているものですから、その後あんまりUBUNTUを使う機会もなく、削除して使うこともありませんでした。

ちょっと前、妹や友人、会社で使っているPCが立て続けに調子悪くなったりしたので、もしもWindowsが立ち上がらなくなった場合にはHDDにアクセスできるようにUBUNTUをライブDVDとして作っておきました。
そうするとまた、しばらくUBUNTUで遊びたくなって……。
で、USBメモリにインストールして、そこから起動でするUBUNTUを作ったのですが、やっぱりあんまり使わない……( *´艸`)
やっぱ私の場合、ライブDVD(もしくはLIVE USB)で遊んでればよかったんだ。

まぁ、UBUNTUを使いたいときだけ、USBメモリを差し込んでUBUNTUを立ち上げるのもいいんですけどね。
USBメモリを差し込んでいないときでも「どれを立ち上げますか?」みたいな画面が一番最初に出てくるのが面倒くさい!

必要なときにUBUNTUを起動し、それ以外はWindowsしか使わない…という場合はDELL(Windows10)では
BISO画面→Settings→General→Boot Sequenceを選択すると、
2019-02-27-0.jpg

「Windows Boot Manager」とここでは「USBメモリからの起動」の2つが並んでいるので、
2019-02-27--1.jpg

USBメモリからの起動のチェックを外します。(チェックはWindowsのみにつける)
チェックを外すと右側には「Windows Boot Manager」しか表示されなくなりました。
2019-02-27-2.jpg

この状態で普段Windowsを使うときは何もしなくとも通常通りWindowsが立ち上がり、もしもUSBメモリからUBUNTUを立ち上げる場合はF12から起動順序を変えてやれば、UBUNTUもUSBメモリから立ち上げることが来ます。

が!
やっぱりUBUNTU使うかどうかわからないので、一旦クリアにしておきたくなったのでその手順をメモ。
(相変わらず前置きが長い!)


Firefox65.0タブ位置の変更

Firefox.jpg
以前Firefoxを57に更新した時、タブ位置がメニューバーの下へ行ってしまい、どうも使い勝手が悪くなってしまい、対処方法を記事にしたことがあります。
Firefox57(Quantum)タブ位置の変更

その記事のコメントで「65に更新すると、再びタブ位置がメニューバーの下へ行ってしまった」という情報をいただきました。

私のFirefoxはまだ64のままでしたので、早速65に更新してみると……
タブが上に…
あらら……コメント通り、タブがメニューバーの下=希望の位置より上に行ってしまってます…(T_T)
ブックマークツールバーの下にタブがある方が使いやすいんです。
こんなふうに…↓

タブが下位置

対処方法を探してきましたので、記事にしておきます。

エクセルの列番号が数字になってしまった!(EXCEL2016)

2019012601.jpg

いつも見慣れたこの列のセル表示、ある日こんなふうに↓表示されてて、あれれ?
ABCはどこに行ったの?? ( *´艸`)

2019012602.jpg

これはR1C1参照形式のエクセルを開いている状態で別のエクセルファイルを開くと、そのファイルも R1C1参照形式になってしまうので、「いつの間にかABCじゃなくて123…になっちゃった」となるようです。

そういう場合に元のABC表示に変更する方法です。