複数のドロップダウンリストで表示項目を絞り込む(Excel)

2020031231.jpg
例えばこのサンプルでは市町村名を選択する場合、

1.A列 → 50音の「行」をリストから選択
2.B列 → 50音の「行」で選択された「行」(例:「あ行」)から50音(例:「あ」「い」…)をリストから選択
3.C列 → 50音で選択された文字(例:「あ」)から「県名」をリストから選択
4.D列 → 「県名」で選択されたリストから「市町村名」を選択

と、4つの項目から選択するリストの作成を備忘録にしておきます。

①元となる一覧表を作成します。


↓「行」列(A列)と「50音」列(B列)はわざとひっつめて入力しました。
2020031232.jpg

↓左の画像のように対応する欄で一覧表を作った方が作りやすいし見やすいのですが、リストにすると見にくいので、リストにする前提である場合は右側のような一覧表にするほうが良いと思います。
2020031233.jpg

左の一覧表でリストを作るとこんな感じで行間が……
選択しにくくなります。
2020031209.jpg

②一覧表のデータにそれぞれ「名前の定義」を使って名前をつけていきます。


・「行」の列の名前をつけます。
「行」の範囲を選択して → 「数式」タブ → 「名前の定義」の「選択範囲から作成」をクリック。
2020031216.jpg

一番上の「行」という名前にしたいので、「上端行」をチェック → 「OK」をクリック。
2020031217.jpg

・「50音」の列の名前をつけます。
「あ行」を選択したら「あ」「い」「う」…と出てくるように名前をつけます。

「あ行」に対応するセルを範囲選択  → 「数式」タブ → 「名前の定義」をクリック 
「新しい名前」ボックスが出てくるので、「名前」欄に「あ行」と入力します。
(下記画像の黄色で塗ってある部分の文字を「名前」にします。)
2020031218.jpg

同様に「か行」以下の名前も定義していきます。
2020031219.jpg

・「県名」の列の名前をつけます。
「50音」を選択したら対応する「県名」が出てくるように名前をつけます。

「あ」に対応するセルを範囲選択  → 「数式」タブ → 「名前の定義」をクリック 
「新しい名前」ボックスが出てくるので、「名前」欄に「あ行あ」と入力します。
セル列番号Aで「あ行」を選択し、かつセル列番号Bで「」を選択した場合に出てくる選択肢にするため、「セル列番号Aセル列番号B」とを合わせた「名前」にします。
(下記画像の黄色で塗ってある部分の文字を「名前」にします。)
2020031220.jpg

同様に、「い」を選択すると出てくるように名前をつけます。
「い」に対応するセルを範囲選択 → 「名前の定義」 → 「名前」欄に「あ行い」と入力します。
2020031221.jpg

・「市町村」の列の名前をつけます。
これらも上記と同様に名前をつけていきます。
「愛知県」に対応するセルを範囲選択 → 「名前の定義」 → 「名前」欄に「あ行あ愛知県」と入力します。
セル列番号Aで「あ行」を選択し、かつセル列番号Bで「」を選択、かつセル列番号Cで「愛知県」を選択した場合に出てくる選択肢にするため、「セル列番号Aセル列番号Bセル番号C」とを合わせた「名前」にします。
(下記画像の黄色で塗ってある部分の文字を「名前」にします。)
2020031223.jpg

以下同様に名前をつけます。
2020031224.jpg


③「データの入力規則」を使って選択項目が表示されるようにします。


・「行」の列(A列)で選択肢が出るようにします。

バス旅行キャンセルしました

年明けに届いていた「無料招待バス旅行」のパンフ。
このようなバス旅行に「当選(?)」する度にほぼ参加している私です。

検索をかけて調べてみるとたくさん出てくると思いますが、このバス旅行はからくりがあり、ほぼほぼ「当選」するのは年配のおばちゃん。
子どもたちにも手がかからなくなり、自分で使えるお金にも余裕がある年代と思われる人を「当選」…いえ、「ピックアップ」してパンフを送っていると思われます。

過去に行ったバス旅行の添乗員さんがうかつにも(?)「ボク、(当選の)仕分けを手伝ったことがあります!」と口を滑らせておりましたし( *´艸`)
「『抽選』って言わなあかんやろっ!」ってこちらがたしなめてしまったくらいで…( *´艸`)

からくりをご存知の方も多いと思いますが、日帰り旅行の行程のうち(旅行会社側から見た)メインは宝石工場とか毛皮工場とかに連れていくことです。
これらの場所での時間がたっぷりと取ってあります。
下手すると申込者が一番楽しみにして行く観光スポットに滞在する時間よりも長い場合も…。
まぁ、無料で連れて行ってもらう他、昼食もついてますからね。
そういうのをどこで回収しているのかを考えれば仕方ないことです。

「旅行会社側のメインスポット」である宝石工場や毛皮工場に連れて行かれ、興味がないのでバスで待機しようと思っても拒否されます。
つまり…全員そこへ連れて行かれます。
そして、逆戻りできない「一方通行」で工場内を誘導されます。
ある部屋へ入れられ、ドアには関係者の方が立ち、外へは出にくい雰囲気を作られ、商品に関する説明が始まります。
一番最初にこの旅行に行ったときは、なにか洗脳されたりするのではないだろうか…と、ちょっと怖かったのですが、入ってみるとなかなかおもしろい話を聞かせてくれるし、想像していたものとは全く違いました。

その部屋での話が終わると、商品が売っているフロアに案内されます。
そこを通過しないと出口に行けないような仕組みになっています。
「つける(試着する)のはタダですから、つけてみてくださいね!」と…。

もしも宝石や毛皮が好きな人がこのツアーに参加したらこの誘惑に勝てる自信はなくなるでしょう( *´艸`)
幸い、私は光り物やファッションにはまーーーーったく興味がない人間ですので、万が一声をかけられても「いえ、興味がないので…」とでも一言言えばそれ以上まとわりついてくることはありません。
あちらもご商売ですから、ちょっとでも興味を見せるとセールストークをかけてくるのは当たり前です。
普通のショッピングセンターとかでもそうですよね。
興味ありげに眺めていると店員さんが声をかけてくること多いですよね。
それと同じ。

なので、商品は全く興味がないふりをしていると、店員さんから声をかけられることもほぼなく、やり過ごせます。
ひたすらわかりにくい出口を探し、その場を脱出するのみです( *´艸`)
そして時間まで、売り場を出た場所で待機するだけで、観光名所に連れて行ってもらえて、昼ごはんも提供されて、無料…だなんて、写真好きの私にとっては願ってもないツアーなのです( *´艸`)

さて…前置きが長くなりました…。

年明けに届いていた「無料バスツアー」は京都の「北野天満宮」もしくは「金閣寺」でした。
昼食は渡月橋付近…だったような…。
パンフを捨ててしまっていて、うろ覚えですが…。
確か、金閣寺希望の場合は拝観料400円は別、昼食もランクに応じて追加料金、座席指定別料金、同伴者は別料金(6000円弱だったような…)となっていたと思います。

行き先に金閣寺があったので、ぜひ行きたくって!!
速攻申し込みしましたよ。
金閣寺行ったことないんです。
中学校のときに学校から行った旅行は銀閣寺でしたし…。
一度行ってみたかったんです!
お昼ごはんを少しランクアップして申し込みしました。

日程は2月末。
第3希望まで記入したので、最終的にいつに決定したのかは正式な案内が届くまでわかりません。
1月上旬に申し込みをしていたものですから、申し込みしたことをすっかり忘れてしまっていました( *´艸`)

コロナウィルスが世間を騒がせている今日このごろ…。
普段マスク苦手の私も人混みに行くときはマスク着用、帰宅後の手洗い・うがいをこまめにするようになりました。

そして先日ふと思い出したのです。
「京都旅行申し込んでたやん!」と。

ずっと前にこの類の旅行に行った時、当日無断で旅行をキャンセルし、出発時間になっても来られない人もいました。
その時添乗員さんは「無料の旅行なのでキャンセル料は発生しないので、連絡なくキャンセルされる方もいらっしゃいます」と言っていました。
おそらく、単身で参加の、全く料金のかからない申込者だと、そもそも料金がかかっていないためキャンセル料も発生しないということだと思います。
もしも同伴者がいて同伴者の旅行代金がかかっていたり、他の追加料金がかかっていたなど、なんらかの料金が発生していた場合は、当日キャンセルは全額支払いになるのではないかともいますが…。

金閣寺行きたいし、でもこのご時世、バスツアーに行くのはまわりからも冷たい目で見られそうですし……。
心の葛藤の末、キャンセルの電話をしておきました(T_T)

キャンセルをしたのはいいけれど、今行くと観光地もよく空いているようなので、観光に行くには一番いいよなぁ(ゆっくりと見れるよなぁ)……とちょっと未練たらしい私です……(T_T)


また無料バスツアー当ててくださいm(_ _)m
いえ、「カモ」として選別してくださいm(_ _)m
お願いします…m(_ _)m

プリンターキューに残った印刷ジョブが削除できない

20200128-01.png
私の場合結構な頻度でこの状態に遭遇するのですが、プリンターキューに印刷済みのドキュメントが残ることがあります。
「あれ?印刷ちゃんと終わってるのにな…」と思いつつ、ドキュメントを選択して削除してみるのですが、↑このようになったままちっとも削除できません。

印刷完了して残っている場合はたぶん放っておいてもその後支障なく印刷できているような気がするのですが、途中で印刷をキャンセルした場合だと次の印刷ができなくなっていたような……気がします。
まぁ…その後ちゃんと印刷できていたとしても、ここにこうやって残ってるのってなんかイヤですよね…

そんな場合の印刷ジョブの削除方法です。

キーボードのWindowsキー windowskey.png を押しながら「R」キーを押します。

「ファイル名を指定して実行」画面が出てくるので「名前」のところに「services.msc」と入力し、「OK」をクリックします。
20200128-06.png

「サービス」の一覧が表示されますので、その中から「Print Spooler」を探します。
一覧の中から何でもいいのでクリックして「p」→「r」……と入れていくと見つかりやすいです。

20200128-02.png

「Print Spooler」を右クリックして、「停止」をクリックします。

20200128-03.png

その後再度、同様に右クリックして「開始」をクリックします。

20200128-04.png

注意!!:「停止」させたあと必ず「開始」をクリックしておいてください。
「停止」したままになっていると、印刷できません。

これでプリンターキューが空っぽになりスッキリしました(*^^*)
20200128-05.png

2020年 ウルフムーン

1月の満月を「ウルフムーン」と呼ぶそうです。

今日が満月だとは気がついていませんでした。
姪から「今日の月見た?」と連絡があり、外に出て見ると、あら!きれい♪
姪に「ウルフムーン」だと教えてもらいました( *´艸`)

20200110wolfmoon.jpg

そりゃ、こんなにきれいな月を見るとオオカミさんも遠吠えしたくなりますよね(*^^*)
わかるわ~~。
091017.gif

あ……そういう意味ではない?? ( *´艸`)

ついでに11日のAM2時過ぎから「半影月食」が始まるようです。
「半影月食」って?

半影月食とは、地球が作る影のうち、太陽光が届く部分の影を半影といいます。半影の中に入った月は、日食でいうところの部分日食のような状態になります。月面には太陽光が届いていますので、月面は明るいままです。このため半影月食を肉眼で見ても、本影月食(いわゆる月食)のように月が欠けているようには見えません。(普通の満月のように見えます。)
つるちゃんのプラネタリウム:2020年も半影月食が3度見られる」より


今日は寝てしまいそうなので、この時間まで起きれてる自信はないけど、起きてたら見てみようと思っています!

虹の端っこ

12月27日の朝。
仕事へ行く途中、正面に虹が見えました。
虹の端っこが見えそうで、仕事に行くのをやめて、虹を追いかけようかな…と思ったほど。

2019122702.jpg

むか~し昔、その昔…まだまだ幼かった頃、
絵本で虹が出てくる話を読んだことがあるような気がします。
なんという題名だったのだろうと検索をかけて調べてみましたが、結局わからずじまい。
物語は
「虹の端っこには宝物があって、子供がそこへ行こうとするのですが、虹のふもとにはたどり着けません。
ある日、誰か(妖精?鳥?)に虹のふもとに行く方法を聞きました。
『虹さん逃げないで、虹さん逃げないで、虹さん逃げないで』と3回唱えれば虹が消えないらしい。
次に虹を見た時に『虹さん逃げないで』と唱えると虹の麓にたどり着き、宝物を見つけることができました」
というお話。
……だったと記憶してるけど、本当は記憶違いかもしれません。

以来、虹を見ると虹のふもとに行ってみたいな~、見てみたいな~とずっと思っていたので、いまだに虹を見るとそういう気持ちが沸き上がってくるんです( *´艸`)

この日は虹の方に寄り道せずに仕事に行きましたけどね( *´艸`)
帰り道に見つけたら、絶対近寄ってたわ!

そして今日、出先から帰る途中、この12月27日の虹よりももっと近くに端っこが見える虹に遭遇しました!

すぐそこの家と山の間から虹が出ているみたいです!
田んぼの中の道を入っていき、虹の出ているところへ行こうと車を進めました。
2020010801.jpg

ほらほら、ちょっと近づいてきましたよ♪
スマホ撮影なので、画質ひどいです( *´艸`)
2020010802.jpg

もう少し近づくと……
虹がちょっと向こうへ逃げちゃった??
2020010803.jpg

でもあと少し!
虹の麓が見れるかも♪