アテロームさん、さようなら

5月にアテローム(粉瘤)がひどくなって大変だったという記事を書きました。
この段階では、膿を出すことが先決で、「本体」を摘出するのはそれから数ヵ月後…と聞いていました。
そして、6月末、先生からようやく手術の日が決められました。
それが8月8日。

もらった書類をよく読み、記名と押印を済ませ、無くさないようにずっと車に入れておくこと約1ヶ月半。
その後手術前の注意事項も読み返すことなく………
当日がやって来ました。

「当日は朝から何も飲んだり食べたりしてはダメ」と書いてあったような気がして、朝から飲食をしませんでした。
朝一番にこのこと忘れててお茶を3杯飲んでしまったけど…。

本当は当日仕事を休んで病院に行くつもりだったのですが、それ以前に急に休みをとってしまったため、この日は午前中仕事へ行きました。
10時の休憩のときも我慢して何も飲食せず……。
お昼を回って病院へ行こうとした頃にはお腹がなってました(^^ゞ
「おぉぉぉ~、私の腹時計、正確♪」
なんて感心してみたり……( *^艸^)

病院の駐車場で車を停めて、一応書類の確認をしておこうと注意書きも見てみると………
日帰り手術の場合は直前の飲食がダメだったようで、しかも「空腹は避けましょう」とのこと……il||li _| ̄|○ il||li

朝から何も食べてないので空腹ですけど……………?

時間が差し迫っているため今さら何か食べると「直前の飲食」になりますし……。
ま、いっか…と病院へGO!
血圧を測り、診察室へ…。

おぉ!
本格的な手術みたいです( *^艸^)

広範囲に消毒され腰や背中がヒンヤリ♪
気持ちいい(*^^*)

うつぶせ状態になるため手の甲に点滴が刺されましたが、最初に入れられたときすぐに腫れてきて、うまく入っていな様子。
痛いのガマンしたのにまた抜かれて、逆の手に……。
何が一番痛かったって、この腫れてきた点滴が一番痛かったわ!

そして局部麻酔。
「ちょっと痛いですよ」と言われましたが、大したことなかったような…。
点滴のほうが痛かったし……。
あ…!
ひょっとして、この痛い点滴は「麻酔がさほど痛くない」と思わせるための作戦だったのかも!( *^艸^)

麻酔が効いてきた頃、先生が「これは痛いですか?」と聞いてきます。
全然感覚がなくて、どれが「これ」なのかわからないくらい。
そのあと数回「これは大丈夫ですか?」と聞いてましたが全然大丈夫♪

腰が患部ですので、うつぶせているため、何をどうされているのか全くわかりません。
アテロームの「袋」を取り除いたあと「終わりましたよ。今から縫合しますからね。」と言われてちょっとドキドキしてたけど、こちらも全く痛みなし。
時々引っ張られるような感覚があったのは、糸を皮膚に通して引っ張っていたのだろおか……。

その後痛み止めをもらい、買い物を済ませ帰宅。

麻酔が切れた時が怖かったのですが、家事をするのにゴソゴソ動き回っているとチクチクする程度でした。
結局痛み止めのお世話になることもなく、思いの外簡単に終わりました。

こんなことなら、最初からアテロームを取ってもらう手術をしてればよかった…と思いました。
(痛くないので放置していたから化膿して病院へ行くことになりましたからね。
この手当が痛かったのなんのって……。
手術の方が痛くありませんでした……。)

翌日手当に病院へ行ったら、(手術をしてくれた先生はこの日いなくて、外科の先生が診てくれたのですが)、外科の先生が「ものすごく綺麗に縫ってもらってますよ~。」と言ってくれていました。
見えないので「そうですか。見たくても見えませんからねぇ。」って言うと、「できあがりを楽しみにしていてね。」って。

「できあがり」………??( *^艸^)

じゃあ、できあがりを楽しみにしておきましょう( *^艸^)


関連記事

4 Comments

紅葉  

れんさん こんばんは~

よかったですね~
うつぶせではなにも分かりませんものね~

上手な先生だったのですね。

2011/08/10 (Wed) 18:14 | EDIT | REPLY |   

れん  

紅葉様

こんにちは~。
うつぶせだと何も見えませんから良かったと思います♪
見えてたら怖いものね!
でも…ちょっぴり手術中の経過を見ていたかったりして( *^艸^)
実は…早く傷口が見たいんです( *^艸^)

2011/08/11 (Thu) 11:32 | EDIT | REPLY |   

ニュータイガー8  

お早う御座います

実はこの手の話は苦手でして
手術と聞いただけで気が遠くなるような・・・
注射も大の苦手ですe-447

2011/08/19 (Fri) 04:22 | EDIT | REPLY |   

れん  

ニュータイガー8様

おはようございます。
すっかりご無沙汰してしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

私は病院大っきらいで……。
そのせいで何年も放っていたアテロームが化膿(ものすごい痛み)→化膿の治癒→本体切除手術…となってしまったわけです(^^ゞ
アテロームの本体である袋を取る手術自体は痛みも殆どなくすんでしまい、最初から(化膿する前の痛みのない時点で)さっさと病院に行って手術しておけばよかった…と思ったくらいです。

これからはなんでも初期のうちに病院へ行かなければ…と思いました( *^艸^)

コメントありがとうございます♪

2011/08/19 (Fri) 10:40 | EDIT | REPLY |   

Post a comment