台湾へ行って来ました 3日目

台湾3日目。
この日は朝から雨でした。
当初組んでいた予定では「千と千尋の神隠し」のモデルになっているとも言われているレトロな雰囲気の「九份」に夕方から行く予定でしたが、社長の足が調子悪いのとお天気が悪いので、ここは諦めることに……。

ホテルでの朝食後、時間があえばホテル近くの「忠烈祠」へ行き、衛兵さんの交代式を見る予定でしたが(毎正時に交代式をやっている)、ホテルを出るのがちょっと遅かった上、ロビーから出た瞬間リボンのついた車が停まっており、ほどなくウェディングドレス姿の花嫁さんたちが出てきて車に乗り込んでいたため、そちらの方たちが出発するまでタクシーに乗れず……。
衛兵さん交代式には間に合いそうになかったため、ここを飛ばして「故宮博物院」へ行きました。


IMG_2499-1.jpg  IMG_2497-1.jpg
IMG_2491-1.jpg  IMG_2492-1.jpg

故宮博物院と言えば「翠玉白菜」「肉形石」、「彫象牙透花人物套球」が有名です。
(↑それぞれのリンク文字にマウスを乗せると画像が表示されます。
故宮博物院では展示物の写真が撮れませんので「台湾旅行ガイド台北ナビ」様の画像よりこちらでも表示できるようにさせていただいております。。
リンク先はすべて「故宮博物院」サイトにしてあります。)

この目玉展示物のエリアは超混雑しており、かなり長い間待たなければ見ることができませんでした。

実物を見るまでは、失礼ながら、「球」のはともかく、白菜や角煮のような展示物がどうして人気があるのか理解できませんでした。
でも、実際に見てみると納得!
だって、これ、人工着色とかではなく、石に元から付いていた色を生かして彫刻されているものだったからです。

「彫象牙透花人物套球」は透かし彫りの球の中に一回り小さい球があり、その中にもまた球が…、というように透かし彫りの球が21層にもなっているそうです。
球の中に球を入れたのではなく、1本の象牙から彫ったもので、どのようにしてこのような細かい作業ができるのだろうと驚きです。

このあと昼食をとりに、予約を入れていた「明福台菜」へ。
ここは「ぶっ飛びスープ(佛跳牆)」で有名で、日本のタレントさんたちもたくさん来られているようです。
2013030210.jpg
左が「ぶっ飛びスープ(佛跳牆)」、右が「蟹チャーハン」。
個人的には蟹チャーハンがめちゃくちゃ美味しかったです!

IMG_2510-1.jpgおみやげを買いがてら、雑貨などが売っているところに行くことになり明福台菜の店員さんに近くにそういう場所がないかどうか聞いて行ったところがこんな場所……。

曇りのお天気だっとこともあってか、なんだかちょっぴり妖しげな雰囲気の漂うストリート……。
漢方のお店だらけです!

(こうやって記事を書きつつ、ネットで調べながら行った場所のおさらいをしているのですが、これがどこか全くわからず、撮ってきた写真に写っている看板などを検索して、今初めてここが「迪化街」という所で、乾物や漢方薬、布地の問屋が集中しているため地元の人も観光客も買い物を楽しみに訪れる場所」であるということを知りました…(^^ゞ)

IMG_2511-1 このお店でお買い物をする者がいたのでしばしこのお店で足止めです。
漢方薬の材料や乾物が売られているお店です。

このお店の斜め前には小さな「廟」があり、中国人観光客とおぼしき人達が熱心にお参りしていました。
写真には撮らなかったのですが、今調べてみるとこの廟は「縁結びの神様」がいらっしゃる「霞海城隍廟」というところだったようです。

このあとガイド役のIさん(私の中ではすっかりガイドさんになってしまっている!)の提案でカルフールに行きました。
日本のカルフールすら行ったことない私です……。
一度行ってみたかったので、(日本でなくても)興味津々♪
野菜などを日本の価格と比べてみたり、おみやげを買ったり…。
「カルフール」を漢字で書くと……「家樂福」ですって(^^)

お買い物を済ませ、タクシーで一旦ホテルに戻ります。
16時頃から私を除くみんなはホテル併設(?)のサウナに出かけました。
私は体調の関係で一人でお留守番……。

一人ぼっちになった私は、圓山ホテルの無線LANはロビーなど限られた場所でしか繋がらないため、しばらくロビーでスマートフォンを無線LANにつないで遊んでましたが、1時間ほどしたらみんなが帰ってきて合流できなかったらいけないと思って部屋に戻ることに……。
ところが、みんなはなかなか帰って来ません。
ちょこっとウトウトしたりして、18時頃になりました。
日が沈み、かと言って真っ暗ではない時間帯の夜景が私は大好きです。
みんながまだ帰ってこないので、ホテルの夜景でも撮ろうと外に出ました。
IMG_2516-1.jpg  IMG_2513-1.jpg
IMG_2517-1.jpg  IMG_2512-1.jpg
ちょうど私が写真を撮りに外に出ている間に、サウナのある所で夕食を取る予定になったらしくて、私を部屋まで呼びに来てくれていたのですが、入れ違いになってしまっていました。
ずっと待ってた時には全然帰って来なかったのに、ちょこっと出て行ってる間にお迎えに来てくれるなんてね…( *^艸^)
とは言え、ちゃんと部屋の前で会えましたけどね。

ただね……ちょっともったいなかったな……と思えたことがありまして……。
この日行く予定だったのに行けなかった「忠烈祠」。
衛兵さんの交代式を見学できる場所です。
ここはホテルの近くで、歩いて行こうと思えば歩いて行けそうな場所にあります。
最初から2時間もフリーの時間があるのがわかっていたら、一人で「忠烈祠」に行って交代式見てこられたのにな……と。

食事後、前日辿りつけなかった「士林夜市」に再度出かけました。
今度はちゃんと行けましたよ!
2013030205.jpg
ホテルで満腹食べたあとだったので、やはり今回もあんまり食べられそうになかったのですが、夜市に行けるのはこの日が最後。
どうしても食べなければならないものがあります!
それは…「大腸包小腸」と「大鶏排」。
会社で予定を立てている時からこれは食べたい!って決めていたんです。
「大鶏排」はものすごく大きいフライドチキン、「大腸包小腸」は文字と実物のギャップが気に入って食べてみたくて…。
最初は「大腸に小腸が包んであるん?気持ち悪っ!」って思ってたのですが、よく調べてみると「大腸=もち米の腸詰」「小腸=ソーセージ」のようで、もち米にソーセージがはさんであるホットドック(?)みたいな感じのようです。
美味しかったけど、1本食べるとちょっと…。
お腹が大きかったからかな…?
「大鶏排」もガイドのIさんが探してくれて(食べてる人に聞いてくれたり)やっと出会えました!
想像していたよりデカかったです!
こちらもちょこっと食べただけで食べきれなかったのですが、ホテルで食べようと思ってお持ち帰り。
(結局日本まで持ち帰ってしまいましたが…(^^ゞ)
会社の旅行でしたし、社長がグルメなのでレストランなどで美味しいものをたくさん食べさせもらえたのはすごく幸せなことなんですが、お腹ペコペコで夜市に出かけて、夜市でいろんなものを食べてお腹いっぱいにさせてみたかったな…とないものねだり状態です( *^艸^)

ただ……所々で漂ってくる「臭豆腐」(「チョウドウフ」と読むそうです。私はこれを「クサドウフ」と読んでいます。それ以外に考えられないっ!)のなんともいえないニオイにはかなりダメージを受けてしまっていた私ですが……(^^ゞ

2013030203.jpg
おぉっ! こんなドラえもんがっ!

2013030204.jpg
夜市楽しい~~♪
こんなのが…( *^艸^)
いいのかしら……、こんなに堂々と……( *^艸^)

朝まで夜市で遊んでいたい気分でしたが、そういうわけにもいかず、前日のランタンフェスティバルを見ていない人にも見せてあげようとMRTで圓山駅へ移動しました。
男性陣は駅へ到着後そのままどこかへ出かけてしまいましたので、私たち女性陣はランタンフェスティバル会場へ。
前日に見ていないエリアもあったので、そちらのランタンフェスティバルも見て来ました。
2013030202.jpg

↓これは十二支のランタンです。
各画像をクリックすると、一つ一つの干支ランタンの画像を見ることができます。


子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥
このあとタクシーを拾ってホテルへ帰りました。
翌日はもう最終日です。
ホテルをチェックアウトして飛行場へと向かうだけです。

名残惜しさを感じつつベッドに入りました。


長々と引っ張って来ました台湾旅行記……すでに行って帰ってきてから1ヶ月が経っております( *^艸^)
あと1回(4日目)で台湾旅行記も終わる予定ですので、もう少しだけお付き合いくださいませm(__)m

いつもご訪問ありがとうございますm(__)m


関連記事

4 Comments

とみやま  

れんさんへ

会社の方と一緒に行かれたんですね!
白菜の形をしているのを、見てびっくりしました!野菜でも、見る人がいるんだなーって(笑)
「明福台菜」の、蟹チャーハンおいしそうですね~v-10食べてみたいv-411
ドラえもんも、いろいろと種類があるんですね!!おもしろかったですe-53
やっぱり、夜の景色はきれいですね~私も、夜景は、すごく好きですe-15
私も、ランタンフィスティバル見に行ける日がくればいいな~(笑)

2013/03/30 (Sat) 21:56 | REPLY |   

れん  

とみやま様

こんにちは♪

そうそう、私も最初とみやま様とおんなじ感じだったのです。
ネットで白菜や豚の角煮の展示物を見て、こんなのをみんな見に来るんだ…って思ったんです( *^艸^)
これが作り物(石を彫刻して彩色した)のならな~んだ…って感じですが、天然の石の色合いを使っての彫刻ですから細かさに驚きました!

レストランではどこでも必ずチャーハンが出てきたのですが(注文したのですが)、どこのチャーハンもものすごく美味しくて、ハズレがありませんでした♪

今回の台湾旅行はちょうどランタンフェスティバルが開催されている期間(帰国日の3月3日まで)だったのと、宿泊したホテルの最寄駅周辺が会場だったこともラッキーでした。

台湾、いいですよ!
ぜひ機会があればとみやま様も行かれてみてくださいね!
(私はもう一度行きたい!)

2013/03/31 (Sun) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Eve@館長  

美味しそう~

れんさん、こんばんは♪
3日目レポUpお疲れさまです(^o^)/

蟹チャーハン美味しそう!
ぶっ飛びスープ・・・なぜこんな名前なんでしょ^^;
なんか、どれもこれも美味しそうで食べてみたいですわ~

ランタンフェスティバルの十二支のランタン・・・
青森ネブタのつくりによく似ていますね。
素材は何なんでしょう?色鮮やかで素敵(#^.^#)

2013/04/01 (Mon) 22:36 | EDIT | REPLY |   

れん  

Eve様

Eveさん、こんにちは~♪

「ぶっ飛びスープ」、面白い名前ですよね!
「佛跳牆」=「仏跳スープ」=「仏様も飛び跳ねるほどおいしいスープ」ということらしいです。
たしかに…美味しかったけど…私的にはそこまで…でしたが( *^艸^)

ランタンの素材って何なのかしら…。
紙? プラスチックみたいなもの??
その辺までよく見ていませんでした。
(さっき調べてみたのですが、よくわかりません(^^ゞ)
2/21~3/3の期間中ずっと展示してあるし、雨の日もあるでしょうから、紙というわけではなさそうですよね?

企業の方や学生の方、プロの方、…といろんな方たちが制作されているようです。
日本の「農協(ちょきんぎょランタン)」もあったようですが、私はお目にかかっていません…残念!
http://www.taipeilanternfestival.com/jp/lantern-intro.php

2013/04/02 (Tue) 15:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment