三ツ山大祭

播磨国総社 射楯兵主神社で、二十年に一度「三ツ山大祭」が執り行われます。
これは姫路・播磨の地域のみならず、全国の厄災を祓い、平安と発展を祈る珍しいお祭りです。

起源は、藤原純友の乱・平将門の乱を鎮定するため、天慶2年(939年)に斎行された「天神(てんしん)地祇(ちぎ)祭」に由来するとされていますが、はじめは式年(定まった期間)ではなく、天災や特に国中安泰を願う時、不定期に執り行われていました。

三ツ山大祭が式年となったのは、天文2年(1533年)播磨国守護職 赤松政村(晴政)の下知による時からで、20年に一度行うことが定められてから後も、播磨国の平安と発展を祈るお祭りとして、今日まで一度も途絶えることなく継承されています。

三つの山にはそれぞれ二色山/五色山/小袖山と呼ばれ、二色山には播磨国の大小明神、五色山には九所(くしょ)御霊(ごりょう)大神、小袖山には天神地祇(国中の神々)をお迎えします。
お迎えした神々を本殿の神様「射(い)楯(たて)神」・「兵主(ひょうず)神」が、この時特別に神門の屋根の上に設けられる門上殿までお出迎えし、三つの山にお迎えした神々を接遇されて、共に国の平安と発展を祈ります。


前回は息子が生まれてまもなくこのお祭りがありました。
当時同じくらいの赤ちゃんのいたご近所の仲良し家族とベビーカーを押しながら見に行きました。
その20年前も……私は生まれていましたが、こんなの連れて行ってもらった記憶はなく、この時が初めての「三ツ山大祭」となりました。
……とは言え、20年前に行った時の詳細な記憶は一切なく、ただ単に「行っただけ」というものですが…(^^ゞ

2013040718.jpg
狭い場所に直径10m、高さ18mの置山が3つ並んでいます。
電線や電信柱などがどうしても入ってしまい3つうまく写真が撮れません

これらの画像ではよく見えませんが、三ッ山の頂上にもそれぞれ「山上殿」と呼ばれる社殿が設けられています。こういった山は、次第に京都の祇園祭などで見られる曳山へと変化していったと考えられており、動かずに飾っておく「置山」が見られるのは播磨国総社だけと言っても過言ではないそうです。

2013040721.jpg「二色山(にしきやま)」

播磨国の174の大小明神が訪れる二色山。
白と浅黄の2色の布で山を巻いています。
「仁田四郎忠常の猪退治」の飾り人形が見られ、一説にはこの山は富士山を模したものだといわれています。

2013040720.jpg 「五色山(ごしきやま)」

ご祭神は九所五霊大神。
緑・黄・赤・白・紫の五色の布で彩られています。
飾り人形は「大江山の源頼光の鬼退治」。
大きな鬼と闘う武者の姿を見ることができます。

2013040719.jpg「小袖山(こそでやま)」

一般の人から寄付された小袖・着物が飾り付けられています。
写真ではわかりにくいですが、ピカピカの豪華な着物も貼り付けられていましたよ。
ここに降臨される神様は天神地祇(国中の神々)で、一説ではこの着物一枚一枚が神様の布団になるのだそうです。飾り人形は「田原藤太のムカデ退治」です。

1953年を最後に廃れてしまっていた歴史物語などの一場面をジオラマ風に再現した「造り物」が60年ぶりに復活しました。
地元の高校生や大学生、市民有志、自衛隊が製作した播磨にちなんだ「造り物」が10箇所に設置されていました。

私はすべての「造り物」を見ていませんが、いくつかの写真を撮りましたので貼り付けておきます。

「お菊井戸」(製作:香寺高校)
2013040722.jpg

「秀吉・官兵衛の中国大返し」(製作:三ツ山大祭実行支援城東有志の会・東光中学校)
2013040723.jpg

「相撲の祖・野見宿禰」(製作:陸上自衛隊 姫路駐屯地融資)
2013040724.jpg

「安倍晴明・蘆谷道満の術くらべ」(製作:龍野北高校)
2013040726.jpg

「法道仙人飛鉢の秘法」(製作:兵庫県立大学環境人間学部・エコヒューマン地球連携センター)
2013040727.jpg




関連記事

2 Comments

Eve@館長  

ほぉ~

こんにちは♪

20年に1度のお祭りですか!
知りませんでした^^;
まだまだ知らないお祭りが日本にはたくさんあるんでしょうね~
珍しいお祭りをご紹介いただきありがとうございました(^^)

>その20年前も……私は生まれていましたが・・

私もですわ~(爆)

2013/04/18 (Thu) 17:40 | EDIT | REPLY |   

れん  

Eve様

Eveさん、こんにちは!

「三ツ山大祭」…場所の規模としてはかなり小さめだと思います。
でもそんな歴史ある(?)お祭りだとは思ってもいませんでした。
だって…20年に1度ですから、話題になることもそれこそ20年に1度ですからね( *^艸^)

この置山の謂れも、今回こうやって記事にするために初めて詳しく知りました。
ブログやってると勉強になりますヽ(=´▽`=)ノ

次の20年後は孫連れて…になりますかね(^^ゞ
でもその孫もうまくいくとかなり成長してそうなので、ジジババと一緒に行ってくれるかどうか…微妙な年齢かも…。

2013/04/20 (Sat) 11:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment