Excelでカレンダーを作る 1

ずっと以前Excelでタイムカード集計表みたいなものを作りました。
年月を入力すると自動でその月がカレンダー表示され、土曜日は青色、日曜日祝日は赤色で表示されるものです。
その時は上手く作れたのですが、別件でもう一度作ろうとするとやり方がわかない……。
土日の色表示はできるのですが、祝日の色表示ができません……(T_T)
やり方を検索しても、その時参考にさせていただいたところがわかりません。

そこで、次回作りなおすときにどうやったっけ??
ってすぐに見直しができるように、自分の備忘録にしたいと思います。
(EXCEL2016使用)



「年」と「月」をプルダウンリストから選択できるようにします(「データの入力規則」)

2015121506.gifここは手入力するようにしてもよいのですが、「年」「月」それぞれの数字をプルダウンリストから選択できるようにしてみます。

2015121501.gifちょっと離れた場所に「年」と「月」の数字の欄を作ります。
ここの数字がプルダウンリストで選択できるようにします。

2015121502.gifリストを表示させたいセルをクリック。(ここでは「セルA1」)

「データタブ」→「データの入力規則」をクリックで「データの入力規則」のダイアログボックスが表示されます。

ダイアログボックスの「設定」タブ→「(矢印マーク)」→「リスト」をクリック。

2015121503.gif「元の値」の右端のアイコンをクリックします。

2015121504.gifリストにしたい範囲を選択します。
そうすると「データの入力規則」欄に「=$○$☓:$△$□」と選択範囲が記入されていますので、右端のアイコンをクリックして元の画面に戻ります。

2015121505.gif「入力値の種類」に「リスト」、「元の値」に「=$○$☓:$△$□」と入っていることを確認して「OK」をクリック。

これでプルダウンリストから選択できるようになります。

「月」の数字(ここでは「セルC1」)もプルダウンリストから選択できるようにしたいので、同様の手順で設定します。

日付が自動で入るようにします(「DATE関数」)

2015121507.gif1.月の最初の日付を入力したいセルを選択
2.「関数の挿入」をクリック
3.「関数の挿入」ボックスの「関数の分類」から「日付/時刻」を選択します。
4.「日付」をクリック
5.「OK」をクリック

2015121508.gif「関数の引数」のボックスが表示されるので、「年」の欄には「年」が表示されるセル(ここでは「A1」セル)を、「月」の欄には「月」が表示されるセル(ここでは「C1」セル)、「日」欄には始まりの日(1日始まりの場合は「1」)を入力します。
※締め日が10日 (当月11日~翌月10日)等の場合は「日」欄に「11」を入力します。
   →年:A1 月:C1 日:11

※締め日が20日 (前月21日~当月20日)等の場合は「月」欄に「C1-1」、「日」欄に「21」を入力します。
   →年:A1 月:C1-1(C1で入力した月-1月⇒前月) 日:21

2015121509.gif「A5」セルには上のセルの次の日の数値を入力するので「=A4+1」となります。

「A6」セル以下は「A5」セルをコピーして貼り付けます。
(1ヶ月分が入力されます。)

2015121510.gif日付の表示を変更する(「セルの書式設定」)

現時点では「2016/1/1」「2016/1/2」………と表示されていますので、これを「1日(金)」「2日(土)」……と表示されるように変更します。

1ヶ月分を選択して右クリック→「セルの書式設定」をクリックします。

2015121511.gif「表示形式」タブ→「分類」欄の「ユーザー定義」をクリック→「種類」欄に「m"月"d"日"(aaa)」と入力→「OK」をクリックします。

「m"月"d"日"(aaa)」は「○月○日(月)」などの表示になります。
この欄に「d"日"(aaa)」と入力すると「○日(月)」の表示。
「d"日" aaa"曜日"」と入力すると「○日 月曜日」の表示。

2015121512.gifとりあえず、こんな感じで基本はできあがり。

セル「A1」と「C1」で年月を変更すると自動でその月のカレンダーが表示されるようになりました。

あとは…土・日・祝日の色を変え、小の月に翌月の頭が表示されるのを回避するとカレンダーの完成です。


Excelでカレンダーを作る 2 (曜日よって色を付ける)
Excelでカレンダーを作る 3 (土・日・祝日に色をつける)
関連記事

0 Comments

Post a comment