ほぼ毎回上手くできるようになりました

これ、な~んだ??
2015100201.jpg
画像……ボケボケですが………

むか~し昔に撮った写真ですが、とりあえず「ゆで卵」です…。

そしてボコボコです………(T_T)

私、これ作るの苦手なんです…。
あ…「苦手だった」んです。

…と「過去形」にしておきます。

念のため申しておきます…。
常時このひどさではありませんよ。
この程度は「たぶん人様より多くある」ことですが、もう少しマシなのが大半ですよ!

おでんを作るとき、毎回8個~10個ゆで卵にしますが、勝率(?)は20%ほど。
殻をむいてみるときれいにむけず一回りほど小さくなってしまっています…(T_T)

以前の会社で時々卵を大量にもらうことがあり、そのときは会社の休憩時間のおやつに…とゆで卵を作って出していましたが、恥ずかしくて恥ずかしくて……。

新しい卵はむきにくいらしいですね。
でも私の場合は古い卵でもむきにくいと思います。
卵の底の気室(きしつ)と呼ばれる小さなすき間の部分に押しピンで穴を開けたりもしました。
多少上手くむけるような気もするけど、それでもイマイチ……。

最近になってようやく勝率90%を誇れるほどのゆで卵の作り方を知りました♪

フライパンでゆでる方法です。

私が作っても、新しい卵でも古い卵でもきれいにツルンとむけます♪
加熱時間が短いのでガス代の節約にもなります。
いいことづくめですね~♪


ほらね? 私でもこの通り!
2015100202

勝率90%超えのゆでたまごを作る方法です。

①フライパンに1~2cmくらいの水と卵を入れます。
 フライパンに入れる卵は何個でもOK。
 水の量は変わりません。

②フタをして沸騰させ、沸騰したら中火で3分→火を消して5分放置します。
  (固茹では長めに半熟は短めに放置。)
 途中、そぅっとフライパンを振って(?)卵を回転させるようにすると、黄身が片寄りません。

②検索してみると熱いままでもきれいにむけるようですが、私は熱いの苦手なので毎回水で粗熱を取ってからむいています。

今のところほぼきれいにむけています。
ちょっと殻にくっついたこともあるけど、一番上の画像ほどひどくなったことなんて一度もありません( *^艸^)

もっと早く知ってたら前の会社の人たちにもむきやすいゆで卵が提供できてたのになぁ……。
(きっと私はゆで卵作りが下手くそだと思われたままなんだわ……(T_T))

普通の作り方(お鍋に水を入れて………)で上手にゆで卵が作れる方も、時間短縮・ガス代節約となればメリットがあります。
ぜひ一度お試しください。


関連記事

0 Comments

Post a comment