画面キャプチャーソフト「Green Shot」

12月にWindows10のパソコンを購入しましたが、このパソコンの不具合なのか、アクティブウィンドウのプリントスクリーンが撮れません。

フリーのいろんな画面キャプチャーソフトがありますが、私は撮ったスクリーンショットに文字や図形を書き込むことが多いため、「撮ったスクリーンショットを自動で保存してくれる」フリーソフトよりも、ただ単にクリップボードにコピーされ、それを画像編集ソフトに貼り付けて表示させ、そのまま文字を書き込んだりする方が都合が良いので、Windows標準の「プリントスクリーン」機能が好きでした。

2016010904.jpg一般的にはキーボードの「PrtScr」キーを押すとモニター画面全体がクリップボードにコピーされます。
また「Alt」キー+「PrtScr」キーを一緒に押すとアクティブウインドウのスクリーンショットのみがコピーされます。

←例えば、「PrtScr」キーのみでスクリーンショットを撮った場合はこんなふうに複数のウィンドウが出ていた場合、見えている部分全部が撮られます。
「Alt」+「PrtScr」だと一番上の(アクティブとなっている)ウィンドウのみが撮れますので、ここではExcelのウィンドウのみのスクリーンショットとなります。

私の場合、いろんなソフトを起動させたままスクリーンショットを撮ることが多いので、「PrtScr」単独より「Alt」キー併用を多用しています。

なのに、このパソコン…「Alt」+「PrtScr」が機能してくれないのです……(T_T)
「PrtScr」単独は機能しています……。

現在この件についてはメーカーとメールでやり取りしながら解決できればと思っておりますが、工場出荷状態へ戻し再セットアップしても、何をしても変わらず機能しない状況です…。
(メーカーのサポートさんもいろいろとアドバイスをくださっていますが、未だに解決していない状態です。)

さて…、使えない間どうするか……。
「PrtScr」で全画面撮ってトリミングするという方法もありますけど、それは面倒くさい!
PhotoScapeにもスクリーンショット機能があってこれはこれで便利だけど、いちいちダイアログが出てきてそれをクリックするのがなんかイヤ。
とにかく、簡単にキーボードだけでスクリーンショットを撮りたいわけです。

結局フリーソフトを使うしかないんですよね。

ずっと以前「WinShot」という定番フリーソフトを何度かインストールして使ってみたことがあるのですが、どうも私には高機能すぎて(使い切れず)すぐに削除してしまっていました。

今回「SnapCrab」という画面キャプチャーソフトを使ってみて、なかなかよかったのですが、もう少し何か違う……。

他に自分に合うキャプチャーソフトがないかな…と思い、いろいろなソフトを試してみたところ、今のところ「GreenShot」というソフトが気に入りましたので、今回は画面キャプチャーソフト「GreenShot」の紹介をしたいと思います。

2016011002.png

●インストール
2016011001.jpg「GreenShot」ダウンロードサイトで「DOWNLOAD」バナーをクリックして保存します。

保存したインストールファイルをクリックしてインストールを始めます。

2016011003.png「Setup Lnaguage」は「English」を選択します。
あとの設定で日本語に変更できます。

いくつか「Next」をクリックして進めます。(下記画像参照)

2016011004.png  2016011005.png

2016011006.png  2016011007.png

20150101008.jpgいくつかのプラグインにチェックが入った「Select Conponents」が表示されますが、外部のソフトで画像を加工したい方以外は全部チェックを外しても差し支え無いと思います。
私のように外部のソフト(Photoshop ElementsやPhotoScapeなど)で編集したい場合は 「Open with external command plug-in」のチェックは残しておいてください。

必要に応じてチェックを入れ、次に下へスクロールしていきます。

2016011009.pngスクロールしていくと「Additional Languages」の中に「日本語」があるのでチェックを入れます。

2016011010.png 2016011011.png

2016011012.png 2016011013.png

2016011014.pngタスクバー(タスクバーに表示されていない場合はタスクバーの「ʌ」をクリックすると格納されています)から「GreenShot」アイコンを右クリックして「Preferences」をクリックします。

2016011016.png「General」タブの「Language」欄から「日本語」を選択します。

すると(選択直後)日本語に変わります。

日本語に変更されたら、いろんな設定を自分の好みに変えてみましょう。

2016011018.png●【一般】タブ
ホットキーの設定ができます。
私の場合、このパソコンは「Alt+PrtScr」が使えません(登録できません)ので別のキーで対応。
自分の覚えやすいホットキーを登録しておくと便利です。

2016011019.png●【キャプチャー】タブ
「キャプチャー」の「マウス ポインターもキャプチャー」にチェックを入れると、マウスも一緒にスクリーンショットに撮ることができます。

20160110000014.png●【出力】タブ
撮ったスクリーンショットの保存場所やファイル名、画像フォーマットなどが変更できます。

「ファイル名パターン」は
${YYYY} →  「年」 4 桁表示
${MM} →  「月」  2 桁表示
${DD} → 「日」  2 桁表示
${hh} → 「時」  2 桁表示
${mm} → 「分」  2 桁表示
${ss} → 「秒」 2 桁表示
${NUM} → 「連番」  6 桁表示
${title} → ウィンドウ タイトル
${user} → Windows ユーザー名
${domain}  → Windows ドメイン
${hostname} → PC の名称
で表すことができ、例えば「${YYYY}${MM}${DD}${hh}${mm}${ss} 」と入力しておくと「20160110203725」(2016年1月10日20時37分25秒)とファイル名がつけられます。

また「\」をつけることによってフォルダが自動で作られますので「${YYYY}-${MM}-${DD}\${YYYY}${MM}${DD}${hh}${mm}${ss}」とすると、「2016-01-10」というフォルダの中に「20160110203725」というファイル名のものが保存されます。

20160110000015.png●【撮影後の操作】タブ
撮影後どのような処理をするかが選択できます。

Photoshop ElementsやPhotoScapeなど、外部の画像編集ソフトを使いたい場合はそのソフトを登録しておくと一覧に表示されます。
以下、その表示方法です。

20160110000047.pngタスクバーにある「GreenShot」アイコンをクリック→「Configure external commands」をクリック。

20160110000051.png「External command settings」が開きますので、「New」をクリック。

20160110000052.png「Name」のところに名前を入れます。
「Command」のところの「…」アイコンをクリックしてそのプログラムを選択します。

ここでは「Name」に「PhotoScape」
「Command」にPhotoScapeのパス=「C:\Program Files (x86)\PhotoScape\PhotoScape.exe」が入りました。

他にも外部のエディタを使いたい場合は同様に「New」をクリックして登録していきます。

20160111000053.png私は「PhotoScape」と「Photoshop Elements」を登録しましたが、一覧には「MS Paint」も表示されています。
これは私は多分使うことがないと思うので、一覧から削除します。
(使う場合はこのまま置いといてくださいね。)

削除する場合は、プログラムをクリックして選択し、「Delete」をクリックします。

20160111000057.png●設定-【撮影後の操作】タブに戻り、私の場合は「撮影後の操作を毎回選択する」のチェックを外し、「ディレクトリに保存」と「PhotoScape」にチェックを入れておきました。

スクリーンショットを撮ると自動でフォルダに保存され、加工しない場合はそのままそのファイルを使えますし、加工する場合はPhotoScapeで即加工できるので便利なのです♪


これで設定は完了です。
設定さえできていれば、あとは簡単。
ホットキーでスクリーンショットを撮るだけです。

20160110000028.pngこの画面キャプチャーソフトに元から入っている「イメージエディタ」が結構優秀です。
円や四角形で囲んだり、文字を入力したり、矢印や吹き出し、番号振りやマーカーまで使えます。
おまけに……破ったような加工まで……。

ひょっとしたらこの「イメージエディタ」が使えるのであれば、外部の画像編集ソフトは要らないくらいなんですけどね…(^^ゞ


私がスクリーンショットを撮ってやりたかったことが簡単にできるようになりましたので、このソフトは今後も(たとえWindows標準のプリントスクリーン機能が直ったとしても)手離せないソフトになりそうです。

関連記事

Tag:フリーソフト

2 Comments

Eve@館長  

No title

れんさん、こんばんは♪
すっかり新年のご挨拶が遅くなってしまいました。すみません^^;
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

またまた役に立つソフトのご紹介をありがとうございます(^^)
私は右クリ画像保存が不可の際は、PrtSc→Paintを使ってますが
Win10はダメなんですかね~^^;
まだ7なので大丈夫ですが、覚えておきますφ(.. )

前回の記事ですが私も似たようなことが・・・
私のノートPCが電源を切っても電源ランプが消えず(画面は消える)、
あれこれ調べたところ「バッテリーパックを外して放電させる」で
直りました(*^^)v
ノートの前はデスクトップだったのでバッテリーパックなんて思いも
よらず、放電って電源を落とせばいいと思ってました^^;

で、今ノートで困っていること・・
ヒンジ?の不具合なのか、パカッとフタを開けた時に角度によって
画面が映らない・・・(T_T)
最初、パッと真っ暗になった時はi-282でした。
そろそろ寿命でしょうか・・・(/_;)

2016/01/11 (Mon) 18:00 | EDIT | REPLY |   

れん  

Eve@館長様

Eve@館長さん、こんばんは♪
こちらこそ年末年始のご挨拶にもお伺いせず申し訳ありません。
12月中旬以降ぎっくり腰になり、また年末年始は風邪ひきでグッタリしており(?)ブログの更新もままならず、結局ブログでご挨拶すらできませんした( *´艸`)

こちらこそ今年も仲良くしてくださいねm(_ _)m

プリントスクリーン…たぶんWin10が駄目なのではなくて、このパソコンの不具合だと思います。
でもそのおかげで便利なフリーソフトを見つけることができましたけどね(^o^)

このフリーソフトは自分のやりたいことを全部叶えてくれるソフトでしたので、お気に入りになりました♪

バッテリーパックを外して放電は時々やる方が良いのでしょうかね。
私はパソコンがおかしくなるととりあえずまずバッテリーパックを外して様子を見てます。
でも、今回はノートパソコンなのにバッテリーパックがなかったので焦りました!
妹はもっと焦ったでしょうけど…。
後日聞くとジジババはパソコンがおかしくなったことは知らないらしいです。
いない間に使ってておかしくなってたみたい( *´艸`)

Eveさんのパソコン、モニター部分が接触不良を起こしてるのでしょうかね。
私の古いパソコン(Win7)もすぐにオーバーヒート起こして電源切れちゃうんですけど(ちょっと隙間を開けて対処してます)、それ以外はまだまだ使えるので、お蔵入りさせるのはもったいないなーって思います( *´艸`)
でも新しいパソコンは気持ちいいですけどね(^o^)

コメントありがとうございましたm(_ _)m

2016/01/11 (Mon) 20:21 | EDIT | REPLY |   

Post a comment