Photoshop Elementsで使えるアクション「PanosFX」インストール(ver.14)

少し前に「Photoshop Elementsで使えるアクション「PanosFX」サンプル」の記事で、Photoshop Elements14で使ってみたサンプル画像を記事にしました。

インストールと使い方の記事のリクエストをいただきましたので紹介したいと思います。

panosfx.png
 「PanosFX.com
↑こちらのサイトではPhotoshop Elementsのアクションファイルをダウンロードすることができます。

2016030514.jpg無料と有料のものがあり、無料のものでも一部は登録(無料)しないとダウンロードできないものもあります。

・「Not availabe for PSE」はPhotoshop Elementsのアクションファイルはありません(Elementsでは使えません)。
・「This free add-on is offered exclusively to resistered users. Please login to see the download button」は無料登録してログインしないとダウンロードできません。
・「Download now」の表示があるものは登録しなくてもダウンロードできます。


2016030502.jpg念のため登録の方法も書いておきますね。
「RESISTER」をクリックします。

2016030503.jpg・「Name」 → 「名前」
・「Username」 → 「ユーザーネーム」(ログインの時に使う名前です)
・「Password」 → パスワード
・「Confirm Password」 → パスワードを確認のため再入力
・「Email Address」 → メールアドレス(登録認証のメールが送られてきます)
・「Confirm Email Address」 → メールアドレスを確認のため再入力
・「Captcha」 → ここに表示されている文字を入力します

「Agree」(同意する)にチェックを入れ、「Resister」(登録)ボタンをクリックします。

2016030504.jpg「アカウントが作られました。入力したメールアドレスに認証リンクの入ったメールが送られます。ログインする前に認証リンクであなたのアカウントを認証してください」とメッセージが出ます。

2016030505.jpg記入したメールアドレスにこのようなメールが届きます。
このURLリンクをクリックして(クリックできない場合はコピーしてブラウザに貼り付けます)ログインページヘ行きます。
最初のみこのURLからログインしないと、ログインすることができません。

2016030506.jpg登録した「ユーザーネーム」(メールに記載あり)とパスワードでログインします。

2016030515.jpg「プロフィールの編集」ページが表示されますが、編集が必要ない場合は「Photoshop Add-ons」にマウスオンするとアドオンが表示されますので、「Commercial & Free actions」または「Free actions」をクリックします。
Commercial actionsは有料のアクションの内、一部のアクションしか使用できません。

2016030508.jpg表示されている一覧からダウンロードしたいものをクリックします。

2016030509.jpgPhotoshop Elements で使うので右側の「Free Elements version:DOWNLOAD NOW」をクリックします。

2016030510.jpg「ファイルを保存する」を選択してダウンロードします。


2016030511.jpg【ここからインストール方法です。】

保存したファイルはzipファイルですので展開します。

2016030512.jpg展開したフォルダの中にあるアクションファイル(拡張子が表示されている場合は「○○.atn」)が入っていますので、これをPhotoshop Elementsを起動させドラッグします。(下記参照)

2016030517.jpgPhotoshopElementsを起動させ「エキスパート」モードにします。
アクションファイルをElements上にドラッグさせます。

2016030601.jpg右下の「その他」をクリックします。
パネルが表示されるので、「アクション」タブをクリックします。
「PFx・・・・・」というアクションファイルが表示されていると思います。
これで「PanosFX」のアクションファイルが使えるようになりました。
他にもダウンロードしたアクションファイルも同様にドラッグしてインストールしてください。

【使い方】
2016030602.jpg基本的な使い方です。
アクションファイルというのはあらかじめPhotoshopの作業工程が記憶されているファイルで、その作業工程を自動で再現してくれ、簡単にいろんなエフェクトをかけてくれる便利な機能です。
ですので、PanosFXのアクションファイルも何も触らなくても「OK」や「続行」だけをクリックしていくだけで、勝手にエフェクトをかけて進んでくれます。

編集したい画像を開き、アクションファイルを選びます。
再生ボタンをクリックすると編集が始まります。

↓時々動作が止まり、「続行」や「OK」の選択画面が出ますので、「続行」「OK」をクリックして進めてください。
2016030604.jpg 2016030603.jpg
2016030605.jpg 2016030606.jpg



↓「次へ」と「続行」ボタンのみで進めていって完成したものです。
2016030607.jpg

↓途中「色相・彩度」を変更して、最後に「切り取り」して完成させたものです。
2016030608.jpg

このように「次へ」と「続行」ボタンのみでできあがるものが多いですが、中には手間をかけなければできないものもあります。
ここでは「次へ」や「続行」の際に出てくる英文を無視して進めましたが、その都度英文で説明が出てきますので、それを読むと次にどのようにすればよいか書いてあります。

もしもどのように進めればよいのかわからないアクションファイルがありましたら、お知らせください。
記事にして説明させていただきたいと思います。


関連記事

2 Comments

tasogare  

有難うございます。

れん様
インストール出来ました。今から、ソフトを開いて勉強してみます。
わからない所がありましたらお聞きしますのでよろしくお願いいたします。

2016/03/06 (Sun) 19:56 | REPLY |   

れん  

tasogare様

tasogare様、いらっしゃいませm(_ _)m

たくさんのアクションファイルがありますので、いろいろと試してみてください。
簡単にいろんな加工をしてくれるので、楽しいですよ♪
しばらくハマること間違いなし!

またわからない点が出てきましたら、いつでもご連絡くださいね。

2016/03/06 (Sun) 22:02 | EDIT | REPLY |   

Post a comment