Windows10のインストールメディアを作っておきましょう

Windows10にアップグレードしたものの、不測の事態に必要となるWindows10のインストールメディアがないのは不安ではありませんか?
今はいつでも簡単に(ほぼ無理矢理に)アップグレードされる状況なので、すぐに必要性を感じないかもしれませんが、もしも一旦Win10にアップグレード後、元のOSに戻し、無償期間が過ぎてから、再度アップグレードを考えておられる場合とか…。
また、うまくインターネット経由でアップグレードできない場合などもインストールメディアがあれば便利かもしれません。

そこで、今回は「Windows10のインストールメディア(DVDやUSBメモリ)を作る方法です。

マイクロソフトの「Windows 10 を入手する」に行くと次のような画面になりますので、以降参考にしてください。

「今すぐアップグレード」ともう少し下に「ツールを今すぐダウンロード」がありますので、「ツールを今すぐダウンロード」の方をクリックします。

2016052103.jpg「MediaCreationTool.exe」の保存画面が出るので保存(ダウンロード)します。

2016052104.jpgダウンロードした「MediaCreationTool」アイコンを(ダブル)クリックして始めます。


2016052105.jpg・ライセンス条項

一読して「同意する」をクリック。

2016052106.jpg・実行する操作を選んでください

「他のPC用にインストールメディアをつくる」をクリック → 「次へ」

2016052107.jpg・言語、アーキテクチャ、エディションの選択」

①「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外します。
②上部の「言語・エディション・アーキテクチャ」が選択できるようになります。

「アーキテクチャ」はインストールするパソコンに合ったものを選択します  → ③「次へ」
(「32bit・64bit両方」を選ぶこともできますが、その場合は容量が大きくなるので、USBメモリに保存することになります。)

※インストールするPCのアーキテクチャを調べるには下記を参照してください。


PCのアーキテクチャを調べる方法(説明はWindows7を使っています)
64bitか32bitかの確認が必要ない方はこの部分を飛ばして、次に進んでください。

2016060701.jpg①「スタート」ボタンをクリックして、②右欄の「コンピュータ」を右クリックします。
   ↓
③「プロパティ」をクリック。

2016060702.jpg「コンピューターの基本的な情報の表示」画面が出てきます。

「システムの種類」欄に「64ビット」や「32ビット」と表示されていますので、そちらを確認します。

2016060703.jpg別の確認方法です。(最終的に確認画面は同じものが表示されます。)

「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」をクリック。

2016060704.jpg「システム」の「RAMの量とプロセッサの速度の表示」をクリック。
   ↓
先ほどの画像の「「コンピューターの基本的な情報の表示」画面が出てきます。

「PCのアーキテクチャを調べる方法」ここまで。

2016052109.jpgもしもこんな画面が出てきたら「OK」をクリックしてください。

2016052108.jpg・使用するメディアを選んでください

「USBフラッシュドライブ」と「ISOファイル」の選択が出ますので、どちらかを選びます。
ここでは「ISOファイル」(DVDに保存)を選択してみました。

2016052110.jpg保存先を選び、「保存」をクリックします。

2016052111.jpg・ISOファイルをDVDにコピーしてください

「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします。

(または、DVDに書き込まず、PCに保存したまま終了する場合は右下の「完了」をクリックして終了します。)

2016052112.jpg書き込み用DVDをセットして、「書き込み」をクリックするとインストール用DVDの完成です。


関連記事

2 Comments

Eve  

ありがとうございました!

れんさん、こんばんは♪
やっとWin10にも慣れてきた今日この頃、
やはり新しいPCっていいですね~(* ̄∇ ̄*)

娘のPCがWin7でして・・・。10へのアップグレードがうるさくて
×で回避してたのですが、ある日予約日程の画面が(^^;
とりあえず「時刻を指定」して、Windows Updateの設定から
更新プログラムのDL方法を変更しておきました。

その後、娘が目の不調からPCを数日開かず(私も忘れてて(^^;)
ある日気付いたらWin10がDLされていました( ̄Д ̄;)
いきなり「重要」でWin10をインストールする、と出たのでビックリ。
設定の、「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを
行うかどうかは選択する」を選んだつもりが「更新プログラムを
ダウンロードするが・・・」になっていたようです。

娘はいろんな噂からビビッてしまい、絶対にアップグレードはしたくない
そうで・・・(^^;
間違ってインストールしないよう「Win10のインストール」を非表示にして
見えなくしてしまいました。恐ろしかったのは、インストールしないものは
チェックを外しますが、他のものを入れて画面が戻るとまたチェックが
入っているという・・・。

娘は嫌がるWin10ですが、私は初めから10のせいか戸惑うことは多々
あっても、慣れればそんなに悪くないと・・。
で、今回れんさんの記事を参考にインストールメディアのディスクを
作成しておきました (*^^)v
そのうち、やっぱり10にしたいって言われてもいいように(* ̄∇ ̄*)

こんなことが出来るなんて知りませんでした。
娘は設定やらインストールやらその辺は全て私に振ってくるものですから
助かりました(^^;
ありがとうございました (^^)/

2016/06/09 (Thu) 23:28 | EDIT | REPLY |   

れん  

Eve様

Eveさん、こんにちは♪

Win10、慣れてくるといいですよね!
Win7や8.1からアップグレードした場合、使えなくなるソフトがあったりするので、わざわざWin10にしたくない人もたくさんいると思いますが、Win10のプリインストール機だと、不具合もほぼありませんし、私は嫌いではありません。

それと…マイクロソフトは損してますよね。
Win10へのアップグレードが強引すぎて…。
これがもし、本当にPCを使っている人の意志で「アップグレードしたければする」っていう状況だったらもう少し人気が出たかも…。
あまりにも使用者の意志を無視するようなアップグレード方法だから、よけいアップグレードしたくない人が増えるのではないか…なんて思います。

ずっとWin7を使いたい人は、サポートが切れるまでWin7を使って、その後アップグレードが必要であれば有償でもアップグレードするなり、PCを買い換えたりするのに……。

無償期間後にインストールメディアで無料でアップグレードするには一度無償期間中にアップグレードしておく必要があります。
私の周りは元のOSに戻しても不具合らしい不具合は出なかったのでよかったのですが、中には戻しても不具合が出る人もいるようですので、悩むところですね。

私なんて…一度Win7をアップグレードしてから戻し、先日記事を書くためにもう一度アップグレードしてまた戻した変人です( *´艸`)
そのままWin10で使ってもいいのですけど、ブログ書くのに(検証したりするのに)Win7もおいておいた方がいいかな…と思いまして…(^.^;

Win10にしたらとにかく一番に「プライバシー」は極力OFFで使ってくださいね!

いつもコメントありがとうございます♪

2016/06/10 (Fri) 16:02 | EDIT | REPLY |   

Post a comment