PhotoshopElementsで文字の加工1

2015091301.png
フォトショップエレメンツでこれらのような感じの加工方法のご質問をいただきましたので、何回かに分けて記事にしてみたいと思います。
(今回は質問者様の使用バージョンに近いElements9.0で説明しています。)

2016091204-1.png
まず、今回は一番簡単な文字の加工から…。

2016091303.jpg①ツールパレットの「文字ツール」をクリックします。
②「フォントファミリー」「フォントサイズ」「テキストカラー」を任意に設定して、文字を入力します。

2016091304.jpg文字が小さすぎた場合は、ツールパレットの「移動ツール」をクリックし、文字をクリックします。
文字の周りに点線が出ますので、点線をクリックして実線にし、四隅の角のいずれかを引っ張ると大きくなったり小さくなったりします。

2016091305.jpg①レイヤーパレットで文字のレイヤーが選択されていることを確認 →
②メニューバーの「レイヤー」をクリック →
③「レイヤースタイル」 → 
④「スタイル設定」をクリックします。

2016091306.jpg「境界線」にチェック→
「サイズ」や「色」を変更して「OK」をクリックします。

※Elements14は「文字に縁取りをつける(Photoshop Elements 14)」を参考にしてください。
14は不具合があるのか、ちょっとしたコツが必要です(T_T)

2016091307.jpg一文字ずつ色を変えたいときは、その文字をクリックしてドラッグして選択し、「テキストカラーを設定」をクリックして、変更したい色をクリックします。

2016091308.jpg「ワープテキストを作成」→
「スタイル」を選択し変形の度合いを調整します。
→「OK」で確定。



2016091309.jpgもしも、もっと自由に、一文字ずついろんな角度で配置したいなどの場合は、文字を一文字ずつ入力します。

一文字を入力し、縁取りをした後、レイヤーパレット上でその文字のレイヤーをクリックしたまま「新規レイヤーを作成」にドロップします。
すると、同じ文字がコピーされたレイヤーができます。
(重なっているのでわかりにくいかもしれませんが、同じ文字がもう1枚作られています。)

2016091310.jpgここでは3枚作り、1枚ずつ好きな位置に配置しました。

2016091311.jpg変更したい文字をダブルクリックして選択します。
「テキストカラーを設定」で任意の色に変更します。

再度文字をダブルクリックして選択し、文字を入力すると、文字が変更されます。

2016091312.jpgツールパレットの「移動ツール」をクリックし、文字をクリック → 四隅にマウスを持って行くと「矢印」マークが出るので、それをクリックして回転させると文字を傾けることができます。
(うまく回転できない場合は、点線上でクリックして実線にしてから矢印マークを回転させてみてください。)

2016091401.jpg文字の重なりを変えたいときは「レイヤーパレット」でレイヤーの順序を変更します。

とりあえずこれで文字に縁取りをつけることができました。

次回は文字に生地などのテクスチュアをかける方法を説明したいと思います。


PhotoshopElementsで文字の加工2
PhotoshopElementsで背景を作る
PhotoshopElementsで『パターン』を作る
PhotoshopElementsで立体感を出してみる
PhotoshopElements14で立体感のある絵を描いてみる
PhotoshopElements9で立体感のある絵を描いてみる
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/14 (Wed) 15:40 | REPLY |   

れん  

2016-09-14(Wed) 15:40様

2016-09-14(Wed) 15:40様、いらっしゃいませm(__)m

毎日更新できるかどうかわかりませんが、後何回かに分けて記事にしますので、お時間をくださいねm(__)m

ご訪問ありがとうございました(*^^*)

2016/09/14 (Wed) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment