PhotoshopElementsで文字の加工2

2015091301.png
フォトショップエレメンツでこれらのような感じの加工方法のご質問をいただきましたので、何回かに分けて記事にしてみたいと思います。
(今回は質問者様の使用バージョンに近いElements9.0で説明しています。)

2016091204-2.png今回はテクスチャを使った文字の作り方です。
サンプルとしてフェルトで作った文字みたいにしてみました。


2016091402.jpg先に補足しておきます。

※もしも「効果パレット」や「レイヤーパレット」の表示がない場合は、メニューバーの「ウィンドウ」→「レイヤー」「効果」など表示したい項目にチェックを入れてください。

「効果パレット」の「レイヤースタイル」を使うと、文字にも簡単にエフェクトをかけることができます。
標準でもいろんな「効果」がプリセットされていますので、どんな文字ができるかいろいろ試すのも楽しいですよ♪

他にも標準でプリセットされていないレイヤーを使うこともできます。
今回使うフェルトのレイヤースタイルは標準では入っていないので、別途用意します。

私がよく使っているのは「DeviantArt」です。
ここにはフォトショップで使えるブラシやレイヤースタイル他いろんなものがたくさんあります。
エレメンツはフォトショップCCやCSの廉価バージョンですので、機能制限があります。
ですからここにおいてあるフォトショップ絡みのファイルのすべてがエレメンツで使えるとは限りませんが(特にアクションファイルは使えないものも多いです)、ブラシやパターンなんかはどれでも使えるはずです。

2016091403.jpgフェルトのレイヤースタイルをダウンロードしてきます。
たいていのダウンロードは(上の画像のように)右側にありますが、中にはダウンロードがなく、(下の画像のように)作者のブログなどに飛んでダウンロードする場合もあります。

2016091404.jpg「ダウンロード」をクリックしてファイルを保存します。

2016091407.jpgファイル単体のダウンロードであればそのまま、zipファイルでのダウンロードの場合は展開して、中のファイル(スタイルファイルであれば「.asl」)をドラッグしてC:\Program Files (x86)\Adobe\Photoshop Elements [バージョン数]\Presets\Stylesに入れます。

※PhotoshopElements14の場合だとC:\Program Files\Adobe\Photoshop Elements 14\Presets\Stylesになります。
「Program Files-Adobe」か「Program Files(x86)-Adobe」のどちらかにお使いのバージョンのエレメンツのフォルダがありますので、どちらかを見てなければ、もう一方を探してみてください。



ここからは前回の記事の続きです。

スタイルファイルを登録したあと、フォトショップエレメンツを起動させると、それらのスタイルファイルが使えるようになります。

2016091408.jpg①「文字ツール」をクリック
②「任意の文字レイヤー」をクリック
すると③の「スタイルの初期設定」が出てきます。

2016091409.jpg「スタイルの初期設定」 → 「▶▶」 をクリックすると先ほど登録したスタイルが表示されるようになります。
この中から任意のスタイルをクリックします。
ここではフェルトのレイヤースタイルを選択しました。

2016091410.jpgフェルトのスタイル一覧が表示されるので、クリックするだけで文字がフェルト状なります。

2016091411.jpg他の文字もそれぞれレイヤーパレットで選択してから、スタイルを選ぶとこのようになります。

できあがり♪
2016091416.png


【この記事との関連記事】
PhotoshopElementsで文字の加工1
PhotoshopElementsで背景を作る
PhotoshopElementsで『パターン』を作る
PhotoshopElementsで立体感を出してみる
PhotoshopElements14で立体感のある絵を描いてみる
PhotoshopElements9で立体感のある絵を描いてみる
関連記事

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/15 (Thu) 18:24 | REPLY |   

れん  

2016-09-15(Thu) 18:24様

返信が遅くなりましたm(__)m

Photoshop(Elements)、いろいろとやってみたら、思いがけない発見があったりします♪
ここに私が書いているやり方以外でも同じ画像を作るのに別の方法があったりします。

これを触ったらこうなるのかー…って発見も楽しいですよ!

2016/09/16 (Fri) 23:18 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/17 (Sat) 14:36 | REPLY |   

れん  

2016-09-17(Sat) 14:36様

どれが正解なんてないと思うんです。
ここに書いたのは私のやり方であって、違うことしてたら「あら?できたわ♪」なんてこともよくあります。
とにかくいろいろと触りまわって試行錯誤してみてください。
いろんなものを自分なりに作っていくと、だんだん理解できてきて、こんなのを作ろうと思ったらこうやって……ってわかってくると思います。

よく確認するとレイヤーが選択されてなくて失敗…なんてこともあります。
今から作業するレイヤーがちゃんと選択されているか(アクティブになっているか)を確認しながらやるといいと思います。

2016/09/18 (Sun) 22:55 | REPLY |   

Post a comment