PhotoshopElementsで背景を作る

2015091301.png
フォトショップエレメンツでこれらのような感じの加工方法のご質問をいただきましたので、何回かに分けて記事にしてみたいと思います。
(今回は質問者様の使用バージョンに近いElements9.0で説明しています。)

2016091202.jpg
今回はこんな感じの背景の作り方です。


2016091416.jpg「新規のレイヤーを作ります。

「ファイル」 → 「新規」 → 「白紙ファイル」

2016091417.jpg適当な大きさの数字を入力して「OK」をクリックします。

2016091418.jpg「描画色を設定」をクリックし、土台となる色を決めます。

カラーピッカーで任意の色をクリックすると、「新しい色」にクリックした色が選択されます。
色を決めたら「OK」をクリックしてカラーピッカーを閉じます。

2016091419.jpg「塗りつぶしツール」をクリックして、新規画面上でクリックすると色で塗りつぶされます。

2016091420.jpg少し濃い目のひし形の模様をつけていきます。

レイヤパレットの「新規レイヤーを作成」をクリックします。
ここで作ったレイヤーが一番上に来ていることを確認してください。
もしも先の塗りつぶしレイヤーより下にある場合はドラッグして上へ移動させます。

2016091421.jpgいろんな方法がありますが、ここでは「カスタムシェイプツール」を使用します。

①ツールパレットの「カスタムシェイプツール」をクリック
②「シェイプ」をクリック
③「▶▶」をクリック
④一覧から「図形」をクリック

2016091422.jpg「図形」一覧の中から「ダイヤモンド」をクリックします。

2016091423.jpg図形「ダイヤモンド」の色を決めるため、再度「描画色を設定」をクリックし、(ここでは)少し濃い目の色を選択します。

2016091424.jpg左クリックしたまま、図形を描きます。
後で調整しますので、場所はどこにでもかまいません。

左クリックしたマウスを離すと選択した色で塗られた図形が表示されます。

2016091425.jpgレイヤーパレットで「シェイプ1」をクリックしたまま、「新規レイヤーを作成」アイコンへドロップします。

2016091426.jpgツールパレットの「移動ツール」をクリックして、図形をずらします。
ここでは連続した図形にするため、真横に、きっちりとくっつくように図形を移動させました。

これを必要なだけ繰り返してもできますが、面倒くさいので2つ以上作ったシェイプをくっつけて増やしていきましょう。

2016091427.jpgレイヤーパレットのシェイプのレイヤーをShiftキーを押したままクリックして選択します。
ここでは2枚作りましたので「シェイプ1」と「シェイプ2」の両方をクリックしました。

右クリックして「レイヤーを結合」をクリックします。
2枚のレイヤーが1枚に結合されます。

2016091428.jpg何度か同様の作業を行い、レイヤーをコピーしたり、移動したり、場合によっては結合して、一面にきれいに敷き詰めます。

もっと他の模様も付けたい場合は、ひし形を作った時のようにカスタムシェイプツールから好きなシェイプを選んで貼り付けます。

2016091506.jpgできあがり♪

パターンに登録しておくと簡単にこれらの模様で塗りつぶしができます。
その方法は次回に…。



【この記事との関連記事】
PhotoshopElementsで文字の加工1
PhotoshopElementsで文字の加工2
PhotoshopElementsで『パターン』を作る
PhotoshopElementsで立体感を出してみる
PhotoshopElements14で立体感のある絵を描いてみる
PhotoshopElements9で立体感のある絵を描いてみる
関連記事

0 Comments

Post a comment