PhotoshopElementsで『パターン』を作る

前記事で背景の作り方を説明しましたが、パターンとして定義すれば、どんな大きさの背景にも簡単に塗りつぶすことができます。
(Elements9.0で説明しています。)

2016091507.jpg登録したい画像を表示させておき「編集」 → 「パターンを定義」をクリックします。

2016091508.jpg「パターン名」の画面が出ますので、適当名前をつけ(そのままでも良い)、「OK」をクリックして完了です。

2016091601.jpg【使い方】
①「塗りつぶしツール」をクリック
②「パターン」にチェックを入れる
③先ほど登録したパターンが表示されますのでそれを選択
④作業エリアでクリックするとパターンで塗りつぶされます。

2016091602.jpgこ~んな感じ。


全体の画像を使わなくても画像の一部をパターンにすることもできます。
2016091603.jpg例えば…
こんな画像の中から赤枠で囲んだ一部分だけをパターンにすることもできます。

※写真からパターンに抜き出す場合は大きな画像の場合、小さくしておきます。
大きすぎると塗りつぶすサイズよりパターンの方が大きくなり、繰り返しの貼り付けになりません。
メニューバーの「イメージ」 → 「サイズ変更」 → 「拡大・縮小」で小さくしてから使ってください。

2016091604.jpgツールパレットの「長方形選択ツール」でパターンにしたい部分を選択します。

2016091605.jpg「編集」 → 「選択範囲からパターンを定義」をクリック。

2016091606.jpg適当な名前をつけ(そのままでも可)「OK」をクリック。

以上で選択部分がパターンに登録されました。

2016091607.jpgこんな感じで、画像の一部のパターンで塗りつぶされました。

ただ…これだと「繰り返して貼り付けてある」ので見た目が悪いですね。

2016091608.jpgそういう場合は同じ画像を4枚作り、左右対称・上下対称で1枚にくっつけたものをパターンに定義するといいかもです。

または、「シームレスのパターンの作成」などで検索してみてください。(他力本願…

さっき選んだサンプルがあまり良くないのでごちゃごちゃしててイマイチですが、先程の画像を4枚作り左右・上下対称でくっつけてパターンにしたらこんな感じになります。



【この記事との関連記事】
PhotoshopElementsで文字の加工1
PhotoshopElementsで文字の加工2
PhotoshopElementsで背景を作る
PhotoshopElementsで立体感を出してみる
PhotoshopElements14で立体感のある絵を描いてみる
PhotoshopElements9で立体感のある絵を描いてみる
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/17 (Sat) 14:31 | REPLY |   

れん  

2016-09-17(Sat) 14:31様

いろんなところにいろんなツールが隠れています( *´艸`)
私も知らないことがたくさん!

画像の加工、楽しんでくださいね!

2016/09/18 (Sun) 22:57 | REPLY |   

Post a comment