複数のセルの文字列を1つのセルに結合(エクセル)

2016121901.jpg前記事では「1つのセルのデータを複数のセルに分割」しましたが、今回はその逆で「複数のセルの文字列を一つのセルに結合」する方法です。

複数のセルに入力されている文字列を結合するには「&」や関数「CONCATENATE」を使います。
2016121902.jpg「&」を使うととっても簡単にできます。

結合した結果を表示させたいセルをクリックして、セル中または数式バーに「=【結合したいセル1】&【結合したいセル2】」と入力するだけです。
このサンプルでは、「A2」セルと「B2」セルの文字列を結合したいので「=A2&B2」となります。
あとはこれをコピペすると他の行も結合されます。

2016121903.jpgセルの数が多くても大丈夫。
結合したいセルを「&」でつなげていくだけです。

このサンプルでは「C2」「D2」「E2」をくっつけたいので「=C2&D2&E2」となります。

2016121906.jpg上記の場合だと数字がくっついただけになりますが、文字列などを挿入することもできます。

このサンプル「○○○-☓☓☓-△△△△」のように、電話番号の間に「-(ハイフン)」を入れてみました。
数式バーに「=C2&"-"&D2&"-"&E2」と入力します。
=C2&"-"&D2&"-"&E2
青文字「C2」「D2」「E2」→セル
赤文字「"-"」→""の中に付加したい文字
それぞれを「&」で繋いでいきます。

2016121907.jpg「市外局番○○○(☓☓☓)△△△△」と表示させたいときは、数式バーに「="市外局番"&C2&"("&D2&")"&E2」と入力します。
="市外局番"&C2&"("&D2&")"&E2

「&」を使う方が簡単なので、こちらでほぼまかなえてしまいますが、関数「CONCATENATE」を使っても同様に結合することができます。
2016121904.jpg①結合した結果を入力したいセルをクリック
②数式バーの「関数の挿入 fx」をクリック
③「関数の検索」欄に「結合」と入力
④「検索開始」をクリック
⑤「CONCATENATE」を選択
⑥「OK」をクリックします。

2016121905.jpg「関数の引数」画面が出てきますので、
①「文字列1」に先頭に入れたい文字の入ったセルをクリック、
②「文字列2」に続いて結合したい文字の入ったセルをクリック………「文字列3」も同様に続けていきます。
③指定し終わると「OK」をクリックすると完了です。

2016122302.jpg「市外局番○○○(☓☓☓)△△△△」と表示させたいときは「関数の引数」欄に
上から順番に「市外局番」と入力→「セル1」をクリック→「(」と入力→「セル2」をクリック→「)」と入力→「セル名3」をクリックでできます。

この関数を使う場合は(関数の引数画面で入力する場合は)文字列を入力するときの「""」が不要ですので、文字列を付属で入力する必要があるときはこちらの方が便利かもしれません。


関連記事

0 Comments

Post a comment