「クラックビー玉」作りにハマりそうです

2017051701.jpg
「クラックビー玉」ってご存知ですか?
ビー玉をフライパンでお料理して(?)作るんです( *´艸`)

2017051706.jpgことの発端は←こんなおもちゃをもらったこと。
キティちゃんのガムボールマシンです。
たぶん最初はガムボールが入っていたのでしょうね。
私がもらったのは中身はなし。
「これ絶対孫が喜ぶわ~♪」と思ってもらってきました。

さて…これに何を入れましょう??
孫はガムはまだ食べられませんし、食べ物入れると(たぶん出しては入れ、入れては出して遊びそうだから)不衛生かな…と思い、家にあったビー玉10個ほどを入れてあげました。
孫は大喜び♪
うちに来てはこれでガチャガチャして、ビー玉を出しては入れ、入れては出し………楽しんでいます(*^^*)

…となるとビー玉の数が少ないと感じてしまうんですよね…。
そこで200個購入。
こんなの。
950円と安価だったので200個でもいいやと思って買ったのですが、ガチャガチャで遊ぶには多すぎるし……とネットを見ていると、「クラックビー玉」なるもの発見!

作り方も簡単!
①フライパンにビー玉を入れ、強火で10~15分転がします。
②ボールに氷水を作り、熱したビー玉をそっと入れます。
※ビー玉はかなり熱くなっていますので素手では触らないように注意です。
……と、基本的にはこんな感じ。
すると温度差でビー玉の内部にひび割れが起こり、光が屈折して見えるのでキラキラとすごくきれいなビー玉になります。

2017051703.jpg
フライパンで調理中です。
空焚き状態ですので、フライパンが傷むと思われます。
うちに捨てる予定だったフライパンがあったので、それを使いました。
なんか、ビー玉の中、上部に空気溜まりができているような気がします。

実は昨日もやってみたところ、強火でやると煙も出てきたので、途中で弱火にして15分間火にかけていたのですが、やはり弱火のため、内部まで熱くなっていなかったためか、氷水に入れてもひび割れが少なかったようです。
色によっては、ほとんどひび割れが見えてないものまで……(T_T)
そこで今回はちゃんと強火で10分やってみたらうまくいきました♪


2017051704.jpg

白色のカウンターの上に水を入れた容器にクラックビー玉を入れたガラス容器を置き、上からスマートフォンのライトを照らして撮影。
自己満足ですが、幻想的なクラックビー玉の写真が撮れました(*^^*)
2017051601.jpg

熱し方が足らなく感じた昨日作ったビー玉…もう一度フライパンで熱してみました。
結果………
2017051702.jpg
割れるものが出てきました。
昨日の時点で内部にヒビが入っているわけですから、弱くなってしまっていますので、再加熱の場合は割れてしまって危険かもしれません。

また、内部のヒビにより、かなり弱くなっていますので、割れずにうまくできたビー玉でも、もちろん孫には触らせられません。

孫はガチャガチャで、私はインテリアとしてのクラックビー玉作りで、しばらく「ビー玉遊び」から離れられそうにありません( *´艸`)

2017051705.jpgちなみに……もとのビー玉……。
これだけでもきれいですけどね(*^^*)


関連記事

0 Comments

Post a comment