AIで画像を補正する「Photolemur」を使ってみた


SOURCENEXTの「Photolemur」という画像補正ソフトを買ってみました。

写真を取り込むだけで、AI(人工知能)が写真内の人の顔やオブジェクト・空・空間などさまざまな要素を自動で認識し、最適な処理を行なうことで、より美しく見栄えの良い写真に仕上げてくれるソフトです。

SOURCENEXTの説明を見てるだけでは「本当?」って思いそうですので、自分の写した画像でやってみたものを貼り付けておきます。
クリックすると画像が大きく表示されますので、このソフトに興味のある方は違いを御覧くださいね。
左側は元写真、右側がPhotolemurで補正されたものです。
2017112301.jpg
2017112302.jpg
2017112303.jpg
2017112304.jpg
2017112305.jpg
一見してパリッとした補正になっているものもあれば、ほとんど変わらないもの、(私的には)補正される前の方が良かったのでは…と思える補正もあります。

これらの補正はこのソフトに画像をドラッグしただけです。
簡単さや速さがよく分かるように動画にしておきます。


2017112218.jpgプログラムアイコンをクリックすると、このような表示になります。
ここに画像をドラッグして開くだけです。

2017112212.jpg「空を探し」たり、「魔法をかけ」たりして補正してくれます。

2017112215.jpg補正がきつい場合は右下のペンマークをクリックするとスライドバーが出るので、「Original」方向にスライドすると補正が弱くなります。

「エクスポート」で保存したり、そのままFacebookやTwitterに投稿できます。

Photoshop(Elements)などのように細かい調整はできませんが、一瞬でこの補正ができるのはものすごいメリットだと思います。
同じ状態にフォトショップエレメンツなどで調整しようと思ったらワンステップではすみませんからね。
…つまり時間がかかります。

そうそう、購入してダウンロードしたものをインストール→シリアルナンバーを登録すると新しいバージョンがあったらしく、アップデートされました。
最新のバージョンで使用できました。

私にとってはこのソフトは画像編集に心強い味方になってくれそうです♪

関連記事

2 Comments

ぼっちん  

凄い(笑)

れんさん、おはようございます ^^

こういう簡単操作でパッと見栄えの良い結果が得られるソフトって、私は大好きなんですよね(笑)
要は「必要なことに特化した機能」だから簡単操作を作り出せる ^^

望むことが何でも出来ちゃう「ごった煮的機能のソフト(フォトショのような)」だと、結果を得るのに難解でとってもステップ数の多い作業を強いられるから、いつもマニュアルと首っ引きの操作をしなくちゃならなくて、それが面倒で段々と使わなくなってしまう(笑)

やっぱり簡単操作が良いです(笑)

2017/11/24 (Fri) 08:21 | EDIT | REPLY |   

れん  

ぼっちん様

ぼっちんさん、いらっしゃいませm(_ _)m

これほんとすごいですわ…( *´艸`)
このソフト「青空」のある写真が得意な気がします。
ただ、細かいことができないので、事細かく自分の好みにしたい場合はちょっと物足らないと思いますけど…。
私はたぶん、今後は、一度これを通して一瞬で補正させて、それでも気に入らない場合はフォトショップで微調整になりそうです(*^^*)
「一瞬で」というのが手間がかからなくていいです。

フォトショップ(私はエレメンツなんですけど)で、ちまちまやるのも結構楽しいんですけどね(*^^*)
画像の枚数が多いときは大助かりしそうです♪

最近「AI」多いですね(*^^*)




2017/11/24 (Fri) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Post a comment