デュアルブートしてやめようと思ったらブートローダが残ったので削除方法 自分用メモ

約10年前にUBUNTUをUSBに入れて、そこから起動させて楽しんで(?)いたことがあります。
普段Windowsに慣れてしまっているものですから、その後あんまりUBUNTUを使う機会もなく、削除して使うこともありませんでした。

ちょっと前、妹や友人、会社で使っているPCが立て続けに調子悪くなったりしたので、もしもWindowsが立ち上がらなくなった場合にはHDDにアクセスできるようにUBUNTUをライブDVDとして作っておきました。
そうするとまた、しばらくUBUNTUで遊びたくなって……。
で、USBメモリにインストールして、そこから起動でするUBUNTUを作ったのですが、やっぱりあんまり使わない……( *´艸`)
やっぱ私の場合、ライブDVD(もしくはLIVE USB)で遊んでればよかったんだ。

まぁ、UBUNTUを使いたいときだけ、USBメモリを差し込んでUBUNTUを立ち上げるのもいいんですけどね。
USBメモリを差し込んでいないときでも「どれを立ち上げますか?」みたいな画面が一番最初に出てくるのが面倒くさい!

必要なときにUBUNTUを起動し、それ以外はWindowsしか使わない…という場合はDELL(Windows10)では
BISO画面→Settings→General→Boot Sequenceを選択すると、
2019-02-27-0.jpg

「Windows Boot Manager」とここでは「USBメモリからの起動」の2つが並んでいるので、
2019-02-27--1.jpg

USBメモリからの起動のチェックを外します。(チェックはWindowsのみにつける)
チェックを外すと右側には「Windows Boot Manager」しか表示されなくなりました。
2019-02-27-2.jpg

この状態で普段Windowsを使うときは何もしなくとも通常通りWindowsが立ち上がり、もしもUSBメモリからUBUNTUを立ち上げる場合はF12から起動順序を変えてやれば、UBUNTUもUSBメモリから立ち上げることが来ます。

が!
やっぱりUBUNTU使うかどうかわからないので、一旦クリアにしておきたくなったのでその手順をメモ。
(相変わらず前置きが長い!)


ウィンドウズスタートボタンの横の「ここに入力して検索」欄に「cmd」もしくは「コマンドプロンプト」と入力すると「コマンドプロンプト」が表示されます(②)
右クリックして「管理者として実行」(③)
2019022706.jpg

 と入力。
2019022707.jpg

ブートマネージャーの一覧が表示されます。
path\EFI\ubuntu\ABCx64.efi
description ubuntu

と書かれている部分(↓赤色文字部分)のidentifier(青色文字部分)をコピー。
2019022708.jpg

 と入力。
{5dcf1784-xxxx-11e9-b9ce-xxxxxxxxxxxx}は先程確認したidentifierを貼り付けます。
2019022711.jpg

削除できた場合は「この操作を正しく終了しました」と表示されます。
もしも「正しく終了」できなかった場合は「delete」と「{5dcf1784-xxxx…………}」の間にスペースがあるかなど、確認してください。
スペースがなければ実行できないようです。
2019022712.jpg

以上で終了しても大丈夫ですが、念のためちゃんと削除されているかどうか確認してみましょう。
再度  と入力。
2019022713.jpg

WindowsだけになっていればOKです。
2019022714.jpg

関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/03/03 (Sun) 10:54 | REPLY |   

れん  

2019/03/03 (Sun) 10:54 様

2019/03/03 (Sun) 10:54 さん、こんにちは♪
返信がすごくすごく遅くなり、申し訳ありませんm(_ _)m

毎年お祝いメッセージをくださって感謝です♪
覚えててくださっていることがとても嬉しく思います!
ありがとうございました!

2019/03/12 (Tue) 12:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment