Firefox 設定メモ

いつも使っているパソコンが起動しなくなりました。
きっかけはWindows10に入っている「フォト」が使えなくなったこと。
いつもこれで画像を表示させていたのですが、いつの間にか「フォト」が立ち上がるとすぐに落ちてしまい使えなくなってしまいました。

Windows7時代に使っていた「Photo Gallery」も入れていたので、そちらで見れるからまぁ「フォト」を無視してもよかったのですが……。
でも入っているのに使えないのは嫌なので元に戻そうといろいろ試しましたが、何をやっても使えません。
なので、使えてたときに「復元」してみようとやってみたのが運の尽き……。

「復元」はできず、スタート時にブルースクリーンになり、「スタートアップ修復」やその他いろいろとやってみたけど、立ち上がることはありませんでした……(T_T)
最近の写真や細々バックアップが取れていなかったのものもあり、まずデータを救出しなければなりません。

とりあえず緊急時のために「Ubuntu」のLiveCDを作っていたので、Windowsが起動しないパソコンをUbuntuで起動。
そしてデータをせっせと外付けHDDに保存。

これで初期化の準備OK!
と、初期化したのはいいのですが、バックアップを取ったHDDが「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」と表示され、中身が見れません……(T_T)
これはWindowsが起動しなくなったことよりももっとショックでした……😱

なんとか復旧できたので、これは別の機会に(記憶している間に)記事としてメモっておこうと思っています。

今回はFirefoxのプロファイルなどがバックアップを取ったHDDの復旧時に復元できておらず、一からの設定となってしまいましたので、次回Firefoxを入れ直したときなどのために、自分の使いやすい「about:config」の環境をメモしておきます。


①ロケーションバーからの検索結果を新しいタブで開く

browser.urlbar.openintab
の値を「true」に変更



②検索バーからの検索結果を新しいタブで開く

browser.search.openintab
の値を「true」に変更



③ブックマークのリンクを新しいタブで開く

browser.tabs.loadBookmarksInTabs
の値を「true」に変更



④最後のタブを閉じたときにFirefoxを終了しない

browser.tabs.closeWindowWithLastTab
の値を「false」に変更



⑤新規タブを常にバックグラウンドで開く

browser.tabs.loadDivertedInBackground
の値を「ture」に変更



関連記事

0 Comments

Post a comment