まだできるみたいです-Windows10への無償アップグレード(2019年11月現在)

あと僅かで(2020年1月14日)でWindows7のサポートが終了します。
会社で1台Windows7が現役で動いています。
確か…その機種はWin10への無償グレード中に一度Win10にしたことがあります。
その時、業務で使っていたあるソフトが使えなくなったので、すぐにWin7へ戻し現在に至ります。
無償期間中に一度でもWin10へアップグレードしたPCは無償期間が切れてもいつでもWin10にアップグレードできるということでしたので、会社のPCもそろそろWin10にアップグレードしなくてはなりません。

ふと、我が家のほとんど使っていないPCのことを思い出しました。
このPCはもらい物で、OSはWindows8.1。
これもWin10にしておかないと!

Win7を使っておられる方、そろそろアップグレードしておいた方が良いですよ!
Win8(8.1)の方もあと3年サポートが続きますが、この機会にぜひ!

アップグレード手順です。

Windows 10 のダウンロードページで「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。
20191119-01.jpg

20191119-02.jpgダウンロードしたツールをクリックします。

20191119-03.jpg

「適用される通知とライセンス条項」が出てきますので「同意する」にクリック。
(このライセンス条項はダウンロードした「Microsoft Media Creation Tool」の同意です。)
20191119-04.jpg

「Microsoft Media Creation Tool」をダウンロードしたパソコンをすぐにアップグレードするのであれば、「このPCを今すぐアップグレードする」にチェックを入れて「次へ」。
後ほどアップグレードする場合や、他のPCをアップグレードする場合は「別のPCのインストールメディアを作成する」にチェックを入れます。
進める手順はどちらも同じです。
20191119-05.jpg

再び「適用される通知とライセンス条項」が出てきますので「同意する」にクリック。
(今度は「Windowsオペレーティングシステム」への条項です。)
20191119-06.jpg

この間、しばらく時間がかかっていました。 気長に待ちましょう( *´艸`)
20191119-07.jpg 20191119-08.jpg

「次の作業が必要です」画面になり、アップグレードするに当たり、必要なことが表示されます。
私の場合、このスクショは表示されたものをクリックしたら消えたあとのものなのですが、たしか「Googole日本語システムは後ほどインストールし直してください」みたいなことが書いてあったような気がします。
これはクリックすると消え、すぐに次のステップに行けましたが、ひょっとしたらなにかのソフトをアンインストールしないといけないような表示になることもあると思います。

ちなみに、知人のPCをアップグレードしたとき、「トレンドマイクロなんとかかんとかをアンインストールしてください」といった指示が表示されました。
しかし、PCには「トレンドマイクロ」のものはインストールされておらず、なぜこれが出たのかわからず解決するのに時間がかかりました。
見つけたのが、インストールする前のトレンドマイクロのプログラムがあるフォルダ内に残っていたもの。
おそらく古いパソコンからのデータ(?)をそのPCに動かしていただけで、インストールしていたわけではありませんでした。
そのようなものにでも反応しているようです。
この場合はそのプログラムファイルを削除することによって、次に進めるようになりました。

この画面でなにもないことを確認して「戻る」をクリック。

20191119-09.jpg

「インストール準備完了」画面になると「インストール」をクリックします。
20191119-10.jpg

あとは結構な時間がかかるので放置しておきましょう。
勝手に何度か再起動したりして、Windows10にしてくれます。
20191119-11.jpg

……と、以上でアップグレードは終了です。
思いの外スムーズにアップグレードできました。

Windows10になった直後、このような「通知」が出てきました。
私の場合はブルートゥースとディスプレイドライバーが対応していなかったようで、画面がめちゃくちゃ明るくなり(まぶしいいっ!)照度コントロールが効きません。
後でドライバーを探して入れ直せばいいや…と思い放っておいたら、そのうち勝手に対応しているドライバーを探してきてくれたようで、何もしなくてもちゃんとコントロールできるようになり、ブルートゥースも使えるようになっていました。
20191119-12.jpg

無事ちゃんとWindows10にアップグレードされました。
20191119-13.jpg

ところが…
エクセルを使おうとして、スタート画面にあるエクセルのアイコンをクリックしてもエクセルが出てきません。
Microsoft Edgeが出てきてオンライン上のエクセルを使わせようとするんです。
「プログラムの追加と削除」の一覧の中にもワードやエクセルがありません。
アップグレードする前にはちゃんと入っていて使えていました。
そんな場合の対処方法です。
スタートボタンを右クリックして「設定」をクリック。
20191119-21.jpg

「アプリ」をクリック。
20191119-22.jpg

「アプリと機能」の一覧の中から「Microsoft Office」をクリック。
20191119-23.jpg

「変更」をクリック。
20191119-24.jpg

「クィック修復」にチェックを入れて「修復」をクリック。
20191119-14.jpg

再確認されますので「修復」をクリック。
20191119-15.jpg

以上で元通り使えるようになりました!

……と言いたいところですが……、一度目ではなぜか戻りませんでした。
もう一度やりなおし…と同じことを再度やってみると、二度目で戻ってきていました( *´艸`)
なんだかよくわかりませんが、とにかくこれで全部元通り使えるようになりました!

Windows7をお使いの方はあと僅かでサポートがなくなり、ネット環境下で使用するのは危険が伴います。
(ネットに繋がない状況でそのまま使い続けるのはありだと思いますけど。)
これからもネット環境下でお使いになるのであれば、アップグレードを検討されてみては?
(グレーゾーンではありますが、今までにアップグレードしたことのない機種でも、まだ無料でアップグレードできるみたいです。)

関連記事

0 Comments

Post a comment