Firefoxのタブがどうしても下にならないときの対処法

Firefox71のタブが上へ行ってしまい、使いにくいので「userChrome.css」を編集し、再度タブを下に行くように設定しました。
その記事がこちら

普段使っているパソコン(以後「パソコンA」とします)は簡単にタブが元に戻ったのですが、10月末に初期化したパソコン(以後「パソコンB」とします)はFirefoxをインストールしたときからどうやってもタブが下に行きませんでした。
普段あんまり使わないパソコンだったので、あまり気にせずそのまま放置していたのですが、今日再度タブを下にしようといろんなCSSを付け足して頑張ってみましたが、やはりうんともすんとも……。

しかも…普段使っているパソコンAから遠隔操作で設定していたものだから、途中でどっちの画面かわからなくなったのか、間違えてパソコンA側のFirefoxを「リフレッシュ」してしまい、パソコンAのFirefox(昨日設定済み)まで何をしてもタブが下に行かなくなってしまいました(T_T)

そこで気がついたこと…いきなり「Firefox71.0」の状態でタブ位置の変更ができないのではないか…ということ。

時系列で考えると、タブが下に行ったパソコンAでは
65.0で「userChome.css」を変更しました
その後、66→67→………70まで順次アップデートしていたため、そのCSSが功を奏していたのか、支障なくタブは下の位置にあったままでした。
71にアップデートするとタブが上に行ってしまいました。
そして前記事のCSSを書き加えるとタブが下に戻りました。

何をやってもタブ位置が変更できなかったパソコンBは10月末に初期化し、その後Firefoxをインストールしたので更新プログラムの最終更新日から判断するとバージョン70あたりかな…と思います。
いきなり70だとタブの変更はできませんでした。

なのでもう一度65.0から入れ直すことに…。
結果は何をやっても動かなかったタブがちゃんと下に行ってくれました。

とても面倒くさいやり方ですし、再起動するといきなり最新バージョンに勝手に更新されてしまうのでイラッとすることもあるかもしれませんが、何をやってもタブが下にいかなくて、どうしても下にやりたい方がいらっしゃったら参考にしてください。

手 順

①現在のプロファイルをバックアップします。
②Firefoxのバージョン65.0~70までと、userChorme.cssを用意します。
③Firefoxをアンインストールします。
④Profileフォルダが入っている「Mozilla」フォルダごと削除します。
⑤65.0をインストールします。
⑥userChrome.cssをProfileフォルダに貼り付けます。
⑦Firefox66から順にインストールします。
⑧保存していた元のプロファイルを戻します。


①現在のプロファイルをバックアップします。


a_01.png右上の「2019120531.jpg」をクリック → 「ヘルプ」をクリック
a_02.png「トラブルシューティング情報」をクリック。
2019120605.jpg

プロファイルフォルダー「フォルダーを開く」をクリックします。
2019120606.jpg

「Profile」フォルダの中身が開かれるので、アドレスバーの「Profile」をクリックします。
2019120608.jpg

表示されたフォルダを右クリックして「コピー」します。
2019120609.jpg

コピーしたファイルはデスクトップ上などに貼り付けて保存します。


②Firefoxのバージョン65.0~70までと、userChorme.cssを用意します。


https://ftp.mozilla.org/pub/firefox/releases/
↑ここにFirefoxの過去バージョンがありますので65.0以降のバージョンをダウンロードしておきます。

ダウンロード方法一例(Windows 64bitの場合)です。
a_01.pngダウンロードしたいバージョンをクリックします。(「b」がついていないバージョンの方が良いと思います。)
a_02.pngパソコンOSの種類を選びます。
a_03.png言語を選びます。
日本語は「ja」です。
(余談ですが、ちょっと上に「ia」というのがあって、「ja」とよく似ているため間違えてダウンロードしてしまいました。
いざ、インストールしようとすると言語が日本語ではありませんので、違う言語が出た場合はちゃんと「ja」をクリックしてダウンロードし直してください。)

a_03.pngどちらでも大丈夫だと思いますが、「.exe」の方をクリックしてダウンロード(保存)します。

2019120607.jpg

ちなみに……65以降各バージョンにリンクさせておきます。(Windows 64bit 日本語のみ)
クリックするだけで保存画面が表示されると思います。
Firefox65.02
Firefox66.05
Firefox67.04
Firefox68.03
Firefox69.0
Firefox70.0
他のOS・言語などはそれぞれダウンロードしてください。

下記を右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」をクリックしてダウンロードします。
userChorme.css保存
新規フォルダを作ってフォルダ名を「Chrome」にし、保存した「userChorme.css」を入れます。


③Firefoxをアンインストールします。


コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」からFirefoxをアンインストールしてください。

④Profileフォルダが入っている「Mozilla」フォルダごと削除します。


もう一度確認します!
Profileフォルダはちゃんと保存されていますね?
Profileフォルダが保存されていない場合は、元の環境が戻ってきませんので、よ~く確かめておいてくださいね。


C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming
を開きます。
「AppData」フォルダは隠しフォルダになっているので、表示されない設定になっている場合は、フォルダの「表示」タブ→「隠しフォルダ」にチェックを入れると表示されます。
その中の「Mozilla」フォルダを削除します。
2019120632.jpg

このようなメッセージが出て「続行」をクリックしても削除できない場合は、「Mozilla」フォルダを開いて、中のファイルを削除してみます。
たぶん「Profile」フォルダが削除できないと思いますので、その場合は「Profile」フォルダを開いて中身を削除して空っぽにしてから「Mozilla」フォルダを削除してみてください。

2019120612.jpg

⑤65.0をインストールします。

まずFirefox65をインストールします。
65がインストールされましたが、タブは上にあります。
2019120613.jpg

ここから要注意です!
一度古いバージョンをインストールしたらそのバージョンのFirefoxは再起動しないでください。
再起動すると勝手に最新バージョン(71.0)にアップデートされてしまい、また一からやり直しとなってしまいます。


⑥userChrome.cssの入った「Chrome」フォルダをProfileフォルダに貼り付けます。

②で用意した「Chrome」フォルダをコピー(または切り取り)してProfileフォルダに貼り付けます。
Profileフォルダの表示は「2019120531.jpg」 → 「ヘルプ」 → 「トラブルシューティング情報」 → 「プロファイルフォルダー:フォルダーを開く」 をクリックします。

このように「Chrome」フォルダが入っているとOKです。
2019120614.jpg

注:再起動はしないでください!

Firefoxを☓ボタンで閉じ、次のバージョンをインストールします。
66→67→68と順番にインストールしていきます。
(私は65のあと、66を飛ばして67を入れましたが、うまくいきました。
そのあと67から69に飛ばすとだめでしたので、できるだけ飛ばさず順番にインストールする方が良いと思います。
飛ばしてうまくいかなかった場合、一つ前のバージョンをインストールし直しても「古いバージョンのFirefoxを起動しています」のメッセージが出て起動できず、またアンインストールのところからやり直ししなければなりません。)

くどいですが……
インストールしたら、そのバージョンは再起動しないでください。
再起動すると勝手に最新バージョンが適用されてしまいます。
再起動してタブが下にあるかどうかその都度確認したいところですが、Firefoxを再起動せず☓ボタンで閉じてしまい、次のバージョンをインストールします
2019120615.jpg
↑(66を飛ばしてインストールしたので)67~70まで、ちゃんとタブは下の位置にあります。

70(最新バージョンの一つ手前)までインストールできたら、Firefoxを再起動します。
そうすると勝手に71(最新バージョン)にアップデートされます。
これで71でもタブが下にある状態になりました。
2019120620.jpg

⑦保存していた以前のプロファイルを戻します。

一番最初に保存していたプロファイルフォルダを開き、中身だけを「すべて選択」してコピーします。
2019120621.jpg

2019120531.jpg」 → 「ヘルプ」 → 「トラブルシューティング情報」 → 「プロファイルフォルダー:フォルダーを開く」 をクリックしてプロファイルフォルダを表示します。

プロファイルフォルダーを開いたまま一度Firefoxを閉じてしまいます。(Firefoxが起動したままだとプロファイルフォルダに貼り付けできないため。)
コピーした「プロファイルフォルダ」の中のファイルを貼り付けて上書きできれば終わりです。

Firefoxを起動すると、設定も元に戻っていると思います。

もしも、アドオンのアイコンの表示などがおかしい場合は、アドオンを一旦「無効化」にしてもう一度「有効化」にすると戻ります。
2019120604.jpg

どうしてもタブを下にやりたい方は、面倒くさいやり方ですが、お試しください。
関連記事

0 Comments

Post a comment