Internet ExplorerをクリックしてもMicrosoft Edgeが起動されてしまう

同じ敷地内の別会社の社長さんが「パソコンの画面見せて。インターネットの画面見せて。」と事務所に入ってこられました。
話を聞くと、インターネットバンキングをしようといつも通り「インターネットエクスプローラー」を立ち上げたら、いつもとちょっと違う。ログインができない。銀行に電話して確認してもよくわからない。右上に歯車マークがあって………(以下略)と言われるけど、そんなものは見当たらない」と慌てておられました。

話を聞いていてもよく理解できなかったので、その社長さんの会社に行って現状を見せてもらいました。
するとどうやら「エッジ」が起動していて、「インターネットエクスプローラー」でないとインターネットバンキングできないので、ログインができないよう。

「これ、『エッジ』なってるからです。『インターネットエクスプローラー』でやるとログインできると思いますよ。」と言いつつ、エッジを閉じ、IEのアイコンをクリックして起動。
………と思いきや…
間違いなくIEをクリックしているのに、起動されるものはエッジになっています。

「設定」画面→「アプリ」→左側「規定のアプリ」→右側「WEBブラウザー」もエッジになっていたので、とりあえずこれをIEに戻しますが、相変わらずIEのアイコンをクリックしてもエッジが開いています。

この場合エッジの設定を変更するともとに戻りましたので手順です。

①「Microsoft Edge」を起動します。
デスクトップやタスクバー・スタートボタンに「Microsoft Edge」のアイコン Edge.jpg が見当たらない場合はWindowsスタートボタン横の「mushimegane.jpgここに入力して検索」欄に「edge」と入力すると丈夫に「Microsoft Edge」が出てきますのでクリックして起動します。
2021012001.jpg

②右上の「…」→「設定」をクリック。
2021012002.jpg

③左側の「規定のブラウザー」をクリック。
2021012003.jpg

このパソコンでは「Internet Explorer に Microsoft Edge でサイトを開かせる」が「常に表示」になっていたため、IEをクリックしてもEdgeが起動してしまっていたようです。
2021012005.jpg

④「Internet Explorer に Microsoft Edge でサイトを開かせる」の「∨」をクリックし、「なし」または「互換性のないサイトのみ」を選択します。
・「なし」を選択の場合⇒Internet Explorerを使う場合、すべてのサイト(IEに対応していないサイトも)IEで表示されます。
・「互換性のないサイトのみ」の場合⇒IEに対応していないサイトはMicrosoft Edgeで表示され、それ以外はIEで表示されます。
2021012004.jpg

⑤「X」ボタンをクリックしてEdgeを閉じます。

以上で、Internet ExplorerをクリックするとIEが起動されるようになり、今まで通りに使えるようになり、社長さんもホッとされていました(^o^)
関連記事

0 Comments

Post a comment